カテゴリー:相続を争族にしない方法


「相続を争族にしない方法 | 相続税対策・生前贈与は和不動産で」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 相続について

    遺留分侵害額請求権ができ、権利が明確に。

    不動産を相続すると、分割できないといままで裁判の長期化 相続で遺言が残されていた場合、その内容のとおりに遺産を分けるのが相続法の基本だ。遺留分とは、「配偶者や子など法定相続人にあたる人に対しては遺産をもらえる最低限の割…
  • 相続法 改正

    「賢く遺す」も相続も重要~変わる「相続に関する規定」~

    大きく見直された相続法 改正 今年施行に 相続法(民法の相続に関する規定)は、昭和55年以来実質的に大きな改正がされてきませんでしたが、現在の高齢化を重く見て改正が行われました。昨年2018年7月に改正された相続法は、…
  • 相続税対策セミナー・無料個別相談のご案内

    相続税対策セミナー・無料個別相談のご案内

    和不動産では、弊社代表4冊目の書籍『後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション経営」で!』の発売に伴い、相続税対策セミナーをスタートいたしました。 相続税対策セミナーは大変な評判を頂いてお…
  • 誰もが安心できる「相続税対策」こそゴール

    誰もが安心できる「相続税対策」こそゴール

    個人信託は、親世代が認知症になることが原因の「争族」対策には適した手段と言えます。相続税対策は、「相続税評価額を下げること」も大切ですが、「受け取る側が困らない相続税対策」も考えることが必要です。「受け取る側が困らない相…
  • 個人信託を活用したケーススタディ

    個人信託を活用したケーススタディ

    個人信託の契約から運用、終了までを行った場合の流れは以下の通りです。母と長男・次男が相続税対策のため現金8000 万円を活用し個人信託契約を結び、ワンルームマンション4戸を購入し信託終了後に子どもにワンルームマンションを…
  • 委託者が認知症になっても安心して賃貸経営を続けられる

    委託者が認知症になっても安心して賃貸経営を続けられる

    個人信託は、上の図のように、自宅の管理で悩んでいるケースなどに有効な手段です。当然、親世代にとって自宅には、さまざまな思いがあります。死んだ後には、子どもに住んでもらいたい気持ちもあるけれど、…
  • 個人信託のメリット・デメリット

    個人信託のメリット・デメリット

    個人信託を活用するメリット・デメリットは、以下の通りです。 【個人信託のメリット】 ◉ 成年後見では、できなかった自由で柔軟な資産運用ができるようになる。 ◉ 高齢の親の代わりにアパートなどの賃貸契約・…
  • 思いをカタチにできる「信託」と いう選択肢

    思いをカタチにできる「信託」と いう選択肢

    成年後見制度や遺言にはかなりの制限があるのに比べ、信託は受益者のために委託者と受託者の間で相談すればフレキシブルな対応が可能になります。認知症を発症してしまえば個人信託は選択できないため、すべてを1つの契約で行える仕組み…
  • 相続の始まりは口座の入出金停止から

    相続の始まりは口座の入出金停止から

    いま、「信託」という手段が注目を浴びている理由は、認知症の高齢者が年々増えていることに起因しています。上の図のように、医療の発展により高齢化が年々進んでいるなかで、厚生労働省研究所班の調べによりますと65歳以上の…
  • 争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

    争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

    「個人信託」とは、一言でいうと『財産管理の1つのやり方』です。「信託」という仕組みは以前からありましたが、ここでは便宜上、個人が個人(家族や親戚)に運用を任せるという意味で、「個人信託」と呼ばせていただきます。 「…

最近の投稿

ページ上部へ戻る