カテゴリー:相続税改正の影響


「相続税改正の影響 | 相続税対策・生前贈与は和不動産で」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 手を握る

    都×民間のファンドで福祉インフラの拡充すすむ

    2月20日の日経新聞朝刊で「民活で福祉インフラ拡充」との記事が出ていたため、紹介とともに考察をしたい。 東京都は19日、墨田区内に保育所と住宅を一棟に集約した施設建設に投資すると発表した。 総事業費12億円の…
  • 公務員 兼業 相続

    公務員 相続案件での兼業は許可

    2017年9月、最高裁判所は裁判官Aが2016年9月に提起した賃貸経営の兼務許可申請を不許可とした処分に関する審査請求を棄却し、裁判官A氏の賃貸経営の兼務を認めました。 事の顛末を以下にご紹介します。 1996年…
  • 相続税対策セミナー・相続税対策個別相談

    相続税対策セミナー・無料個別相談のご案内

    和不動産では、弊社代表4冊目の書籍『後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション経営」で!』の発売に伴い、相続税対策セミナーをスタートいたしました。 相続税対策セミナーは大変な評判を頂いてお…
  • 「相続税改正の影響」のまとめ

    「相続税改正の影響」のまとめ

    ここでは、これまでご紹介してきました「相続税改正の影響」をまとめましたので確認していきましょう。 ■平成27年1月に相続税が改正され、相続税の基礎控除が4割減に。 ■相続税の最高税率が、今…
  • 相続時精算課税制度をうまく利用して節税を!

    相続時精算課税制度をうまく利用して節税を!

    相続時精算課税制度とは、生前に2500 万円まで贈与しても贈与税がかからない特別控除です。 2500 万円まで贈与できるため、多額の資金を贈与税なしで子どもに渡すことが可能になります。 注意点としては、相続時…
  • 「理想の相続税対策」実現のステップとは?

    「理想の相続税対策」実現のステップとは?

    相続税対策の最終出口である「換金性」とは? 私が考える理想の相続税対策とは、「ステップ1:資産の相続税評価額を下げること」・「ステップ2:物件の売却や収益性を確保することで、元の財産金額に戻すこと」になります。 …
  • 評価額の計算式で分かる「貸家」が相続税対策に有利である理由

    評価額の計算式で分かる「貸家」が相続税対策に有利である理由

    貸家は有利な計算方法が認められている 相続税対策において貸家は、実勢価格や固定資産税額から数十%減額されるため、かなり有利であることは先ほど紹介しました。それでは「なぜ? 貸家は相続税対策において有利なのか」そこか…
  • 重い相続税がのしかかるのは2次相続時

    ■1次相続は配偶者控除があるので怖くない 一般的に相続で多くの税金が課税されるタイミングは、いわゆる2次相続といわれるタイミングです。 普通の家庭の場合、相続は2度起こります。 1回目のタイミングは、ご主人が亡…
  • 受け取る人がうまく活用できる「資産」を残すことが重要!

    相続税の課税対象となる財産とは?

    ■財産とその評価には種類がある まずは基本的な相続の仕組みを理解していきましょう。 はじめに確認するポイントは相続における財産の種類です。 相続税は相続財産の総額が多いほどその税率も高くなるので、対象となる財産を把…
  • 富裕層だけじゃない!増加する課税対象者

    富裕層だけじゃない!増加する課税対象者

    対象者は前年比1.8倍!すそ野が広がり身近になった相続税 相続税が改正されたのは、平成27年1月のことです。 まずは、相続税改正前の平成26年と改正後の平成27年では、どのような変化があったのかを確認していきまし…

最近の投稿

ページ上部へ戻る