カテゴリー:相続と生前贈与

  • 相続税対策セミナー・相続税対策個別相談

    相続税対策セミナー・無料個別相談のご案内

    和不動産では、弊社代表4冊目の書籍『後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション経営」で!』の発売に伴い、相続税対策セミナーをスタートいたしました。 相続税対策セミナーは大変な評判を頂いてお…
  • 「相続と生前贈与」のまとめ

    「相続と生前贈与」のまとめ

    「相続と生前贈与」のまとめを確認していきましょう。 ■ 相続税対策で不動産が有利とされているのは、「①貸家にして相続税評価額を下げられること」「②借金をしてマイナスの財産を相続させやすいこと」の…
  • 暦年贈与・相続時精算課税制度について再確認しましょう

    ■贈与を行った後は手続きも忘れずに 今一度、暦年贈与(110 万円の非課税枠)と相続時精算課税制度について確認していきましょう(下の図参照)。 どちらの制度を使うかは、個人の状況によって変わりますので…
  • 生前贈与は家族のつながりも深くなる制度

    相続を選択するのか贈与を選択するのかは、個人の判断によりますが、私は不確定要素が多く子どもに迷惑をかける可能性のある相続を選択するより、自分の意志である程度実行できる生前贈与の有効活用は必要なことだと考えています。 …
  • 生前贈与をうまく活用し納税資金を確保しながら相続時の資産を少なくする

    ■相続税対策最大のミッションは、相続する金額を少なくすること 相続税対策最大のミッションは、相続する金額を少なくすることです。 なぜなら、法定相続人の取得金額が高くなれ…
  • ①暦年贈与と②相続時精算課税制度の詳細

    ■暦年贈与(110万円の非課税枠)をうまく利用して節税を! 暦年贈与とは一人が1月1日から12月31日までの期間で贈与により取得した財産の合計額から基礎控除額の110 万円を差し引いた残りの金額に対して贈与税がかか…
  • 借り入れを利用する相続税対策のデメリット

    借り入れを利用する相続税対策のデメリット

    ■ローンを利用すると承継の選択肢がなくなってしまう可能性も 相続税対策の定番中の定番である自用地を担保に借り入れを利用し、アパート経営を始めるやり方ですが本当にそのやり方はメリットがあるのでしょうか。 借り入…
  • 贈与のメリットを最大化することを考えよう

    贈与のメリットを最大化することを考えよう

    相続時精算課税制度は、メリットとデメリットそれぞれありますが、不動産を活用すれば効果的です。一般的に贈与して得な財産とは、アパートやマンションなどの収益物件と言われています。相続税評価は、土地と建物の評価額が対象です。し…
  • 相続税対策を成功させたいなら 「相続時精算課税制度」と「暦年贈与」を賢く利用する

    ■生前贈与で先々のトラブルも回避できる 相続税節税のポイントは、「①生前贈与」「②あらかじめ〈カネ〉を〈モノ〉に換える」「③制度を活用すること」の3つになります(下の図参照)。そのため、相続税対策において、最初に考…
  • 追い風となる生前贈与の各種制度

    追い風となる生前贈与の各種制度

    そんな生前贈与ですが、今現在、一定の条件を満たせば贈与に対する多くのメリットを受けることが可能です。 まず始めに紹介する制度は、「住宅取得等資金贈与の贈与税非課税」という制度です。この制度は、子どもたちが住む家を取…

最近の投稿

ページ上部へ戻る