カテゴリー:相続ニュース


「相続ニュース | 相続税対策・生前贈与は和不動産で」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 所有者不明土地問題を解消 権利放棄認める方針へ

    2月8日、法務省は所有者不明土地問題を解消するため、民法と不動産登記法を見直すと発表しました。 見直しでは、以下の3本の柱が主体となります。 相続登記の義務化 所有権の放棄を認める制度の創設 遺産…
  • 不動産を活用した相続税対策の具体例

    今回の相続ニュースでは、不動産を活用した相続税対策の具体案をご紹介いたします。 ケース① 質素な生活をしていた父が株の暴騰により多額の預貯金を持っていたことが分かりました。 このままでは多額の相続税が発生し…
  • 認知症対策に「家族信託」

    家族信託って投資信託のようなもの? 信託というと投資信託のイメージが強いですが、家族信託は金融商品ではありません。 財産を信頼できる家族に託して自分の代わりに管理してもらう契約のことを「家族信託」と言います。 …
  • 「やったつもり相続」にご注意!

    暦年贈与には失敗することもある 相続財産を減らす方法に、「贈与」があり、「年間110万円までは税金が控除される」と言われています(暦年贈与)。 この暦年贈与の対象を子やその配偶者、孫・・・と増やしてコツコツと続け…
  • 40年ぶりの民法大改正で相続はどうなる?

    40年ぶりの民法改正で相続は改善方向へ 2018年7月の民法改正で、約40年ぶりに相続に関わる法の大改正が行われました。それにより、これまで問題点として抱えていた点が大きく改善されています。 その中でも注目のポイ…
  • 『相続税対策の王道』コツコツ贈与で相続節税

    相続税の節税のため、子どもや孫に財産を生前贈与する高齢者が増えています。年110万円の非課税枠を生かして少額ずつ贈与しながら、教育費や生活費をその都度、非課税で援助する方法を併用することで節税効果を高めることができます。…
  • 事業用土地相続 税優遇厳しく

    12月7日の日経新聞に掲載されていた相続税に関する記事をご紹介いたします。 政府・与党は2019年度の税制改正で個人版事業承継税制を創設するのに伴い、既存の税優遇策を見直すとしました。個人が事業用として使う土地への…
  • 相続改正 自宅売却せずに“争続”回避へ

    昨今、住宅の住み替え需要の主軸が高所得の高齢者に移る中、マイホームの残し方についてお悩みをお抱えの方も増えているのではないでしょうか。 「自分が死んだあと自宅がどうなるのか、妻が住み続けられるのか不安だったが、制度…
  • 相続税対策 贈与

    個人事業主の「事業承継」税金猶予は都道府県の認定制に

    11月3日の日経新聞より個人事業主の贈与と相続の税優遇に関する記事が掲載されていましたので、ご紹介いたします。 贈与をうまく活用すれば、大幅な節税が実現できるかもしれません。 経済産業省は、2019年度の税制改正…
  • 教育資金 非課税

    教育資金贈与の非課税延長へ

    11月2日の日経新聞より、教育資金の贈与に関する非課税期間の延長についてご紹介します。 子や孫に教育資金を援助する際にかかる贈与税。政府は2018年度末に期限が切れる「非課税措置」延長の検討に入りました。 高齢層に偏…
ページ上部へ戻る