カテゴリー:相続ニュース


「相続ニュース | 相続税対策・生前贈与は和不動産で | ページ 2」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 家族 家

    民事信託で節税? ~名義を子に移転して贈与税かからず~

    「民事信託」という言葉を、最近よく聞かれる方もいらっしゃるかと思います。 贈与税や相続税の節税になると言われますが、税金面で実際にメリットがあるのでしょうか? 信託とは、信頼できる人(受託者)に、財産を所有する人…
  • 都市 マンション 

    マンション相続 実質減税 -特例適用で相続税ゼロも?-

    2018年分の路線価は全国平均で0.7%上昇したと、国税庁が7月2日に発表しました。 ただし、路線価はあくまで「標準的な宅地」の価格であり、 相続税の計算では個別の事情に応じて減額補正が認められます。 実は税制改正…
  • 個人マネーは地方から都市へ

    相続で流出、個人マネーは地方から都市へ

    2018年7月29日の日本経済新聞に相続などによる資産の移動の記事が掲載されていたのでご紹介します。 このデータから相続される側はどこにいるのかが分かります。相続税対策を不動産で行う際、入居需要は重要なポイントです…
  • 銀座 鳩居堂前

    2018年 都内路線価4%上昇、23区周辺部も

    日経新聞に掲載されていた、路線価に関するニュースをご紹介したいと思います。 東京国税局が7月2日に発表した東京都内の2018年分の路線価(1月1日時点)は、前年比で平均4.0%上昇しました。 5年連続のプラス…
  • 相続税対策 路線価

    2018年度・路線価発表!3年連続上昇 銀座・「鳩居堂」前は1㎡あたり4432万円に

    7月2日の日経新聞に掲載されていた、路線価に関する記事をご紹介いたします。 7月2日、国税庁は相続税や贈与税の算定基準となる路線価(2018年1月1日現在)を発表しました。 全国約32万4…
  • 相続税対策 空き家問題

    限界都市 高齢者だけ居住の空き家予備軍、東名阪に330万戸

    空き家予備軍――65歳以上の高齢者だけが住む戸建てとマンションの持ち家が、東京・大阪・名古屋の三大都市圏に336万戸あり、同圏内の持ち家全体の2割強に達することが分かりました。 現在の空き家比率は7%。家主の死後も…
  • 相続税対策 所有者不明土地

    所有者不明土地巡り所有権の放棄制度検討

    6/25日の日経新聞に掲載されていた、所有者不明土地に関する記事をご紹介します。 6月25日、増田元総務相が座長を務める所有者不明の土地に関する民間研究会が都内で会合を開き、所有者による利用や管理・売却が難しい土地…
  • 企業年金、3割が制度変更 人生100年時代に対応

    企業年金、3割が制度変更 人生100年時代に対応

    4月13日の日経新聞に人生100年時代に関するニュースがございましたので、ご紹介いたします。 シニア雇用の拡大に伴い、企業が年金制度の変更に動き出しています。 年金の支給を開始する年齢を引き上げるほか、受け取り方…
  • アパート3.7万棟調査へ L社 建築基準法違反疑い

    アパート3.7万棟調査へ L社 建築基準法違反疑い

    2018年5月30日の日本経済新聞にアパート建築に関する問題が掲載されていたのでご紹介いたします。相続税対策でアパート建築を考えている方もいるかもしれませんが、こういったニュースを参考に見るべきポイントを今一度整理してほ…
  • 一般社団法人 相続に課税

    一般社団法人 相続に課税

    3月26日の日経新聞に相続税改正に関する記事が掲載されていましたので、ご紹介いたします。 2018年度の税制改正で、一般社団法人に対する課税が強化されます。 「一般社団法人」は業界団体やスポーツ団体、福祉団体など…

最近の投稿

ページ上部へ戻る