自分の意思を反映することがトラブル回避の最善策

相続でトラブルを回避する重要なポイントは、上の図のように「①意思の承継」「②遺産の分割」「③相続税対策(相続税評価額を下げること)」をすることになります。くどいようですがそれを可能にするのは、都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した生前贈与です。都心の築浅中古ワンルームマンションを活用すれば、「①意思の承継」と「②遺産の分割」は、ワンルームマンションを相続・贈与することで解決でき、「③相続税対策」は、生前贈与で相続時の資産を減らしながら相続税評価額を圧縮することで解決できるようになります。資産を分割できるメリットは相続税額を下げることだけでなく、争族を回避することにも大きな力を発揮できるのです。

ここで、アパートを売却して、ワンルームマンションに資産の組み替えを行った事例を紹介します。あるアパートを一棟所有しているオーナー様には、3人のお子様がいました。アパートを相続すると子どもの間で、トラブルの原因になることが悩みの種だったのです。そのオーナー様は、アパートを売却した6000 万円で、2000 万円のワンルームマンションを3戸購入して、3人の子どもに1戸ずつ相続しようと計画することで、「①意思の承継」「②遺産の分割」「③相続税対策」という相続税対策特有の問題をクリアにしました。各家庭によって財産状況は異なりますが、相続税対策はオーダーメイドでプランニングする必要があります。このオーナー様の場合、一棟のアパートを相続させ子ども同士がもめるより、円滑に分割できるよう資産の組み替えをすることが最善の方法だと考えたのです。このケースの場合、資産がアパートのため、アパートを売却することで資産の組み替えという手法を取れました。しかし、不動産でもめるケースは資産が自宅だけの相続であることがほとんどです。この対策方法に関しては、あとで説明いたします。

相続に関して「争族」に発展するケースは、遺産分割の舵取りをする親の不在で起こる問題がほとんどです。親の意思が明確に反映されていれば、相続でもめるケースは劇的に減ることでしょう。そのため、意思の承継が明確に反映される生前贈与は、「争族」を回避するにはうってつけの手段になります。

そして、「争族」を回避するには、資産の整理を早いうちに行うことが重要です。

資産の整理で親が行うことは、

◉法定相続人は誰かを調べる

◉プラスの財産、マイナスの財産を調べて財産一覧表をつくる

◉配偶者や子どもにどれだけ継がせるのか検討する

◉遺言書(自筆・公正・秘密)を書く

◉預貯金口座を12つにまとめておく

◉預貯金通帳や生命保険証書をわかりやすいところに保管する

◉不要な不動産を現金化しておく

◉不動産を購入し節税する

◉子どもが受取人で被保険者が親の生命保険に加入する

◉孫や子どもへの贈与を行い、現金資産を減らす

このように多岐にわたります。

こういったチェックポイントをわかりやすく1冊のノートにしたものが、エンディングノートです。エンディングノートを活用すれば、親の意向が子世代に伝わりやすいというメリットが生まれます。エンディングノートは、1度きりではなく定期的にアップデートすることも重要です。

もし、資産を子どもに公平に分配しようと考え、生前贈与を活用した相続税対策を実施する場合、相続人を集めて贈与式を開催するのもいいでしょう。その際に、贈与契約書を作成し、参加者全員にわかりやすく平等に財産を贈与することで、争族を防げる可能性は高くなります。参加者に時間があれば、エンディングノートもこのタイミングでアップデートを考えましょう。

「争族」を回避するためには、「わかりやすさ」「資産の分割しやすさ」「公平性」といったことに配慮し、関係者すべてが納得する資産配分に努めることが重要です。相続する側の親としても、子どもたちが遺産のことでもめるのは好ましいとは言えないでしょう。

それを回避する一番の方法が、「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で行う相続税対策になります。この方法は、税制面のメリットを享受できるのはもちろんですが、遺産トラブルを回避するという両面を可能にする手段だということを覚えておいてください。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る