争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

「個人信託」とは、一言でいうと『財産管理の1つのやり方』です。「信託」という仕組みは以前からありましたが、ここでは便宜上、個人が個人(家族や親戚)に運用を任せるという意味で、「個人信託」と呼ばせていただきます。

「信託」とは、資産を持つ人が、特定の目的(例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付」など)に従って、その保有する不動産や預貯金などの資産を信頼できる人(場合によっては企業や金融機関・専門家など)に託し、その管理・運用・処分を任せる仕組みです。個人信託は、いわば、「個人が自分の財産を家族・親族に信託し運用してもらう仕組み(財産管理)」と言えます。家族・親族に管理を託すので、高額な報酬は発生しません。したがって、信託とは資産家のためのものでなく、誰にでも気軽に利用できる仕組みなのです。

あらかじめ伝えますと、個人信託は親の代わりに現金を不動産に換えるなどの運用はできますが、個人信託を活用することで相続税評価額が変わるわけではありません。あくまで、遺言や成年後見制度に比べ、フレキシブルな対応ができるということです。

個人信託とは、下記の4つの機能を、すべて1つの「信託契約」にすることで実現可能になります。

 

◉ 元気なうちから本人に代わり財産を管理・運用・処分する権限を与える委任契約の代用

◉ 本人の判断能力低下後における財産を管理・運用・処分する権限を与える成年後見制度の代用

◉本人の死亡による資産の承継先を自由に指定できる遺言の代用

◉ 通常の遺言では無効とされていた2次相続以降の財産の承継先の指定ができる後継ぎ遺贈の実現

 

この制度により、今までは上の図のように「委任契約」「成年後見制度」

「遺言執行」「数次相続」とバラバラに手続きをする必要がありましたが、個人信託ではそれを一気通貫して行えることがメリットです。

関連記事

ページ上部へ戻る