暦年贈与・相続時精算課税制度について再確認しましょう

■贈与を行った後は手続きも忘れずに

今一度、暦年贈与(110 万円の非課税枠)と相続時精算課税制度について確認していきましょう(下の図参照)。

どちらの制度を使うかは、個人の状況によって変わりますので、しっかりと条件を確認してください。

もし、今現在、被相続人が高齢で多額の相続税を支払う見込みがあるのであれば、短い期間でまとめて実施できる相続時精算課税制度を利用することが望ましいケースもあるでしょう。

逆に被相続人が60歳前後の場合には、暦年贈与を活用した相続税対策を推奨しています(こちらで詳しく説明しています)。

暦年贈与のデメリットは、非課税枠が少ないことですが、その非課税枠の少なさをフル活用できるのは、相続税評価額が低いワンルームマンションならではのやり方です。生前贈与のメリットとワンルームマンションのメリットを知らないとできないやり方なので、まずは、生前贈与の仕組みをしっかりと覚えることが大切になります。

生前贈与を活用する場合に忘れてはいけないのが、確定申告です。確定申告は、贈与のあった翌年に行う必要があります。

相続税評価額を下げるには、貸家が効果的ですが、より効果を高めたいのであれば容積率の高い建物を選ぶことが必要です。

そうして、相続税評価額を抑えられる物件をうまく生前贈与で活用することができれば、相続税対策における成功の第一歩を歩んだと言えます。

相続税対策に効果的な手法を理解し、賢い相続税対策を心掛けましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る