『ダイヤモンド・セレクト 2017年11月号』の“相続・贈与事業継承 決定版”企画で和不動産の記事が掲載されました!

『ダイヤモンド・セレクト 2017年11月号』

2017/9/28発売の【ダイヤモンド・セレクト2017年11月号】にて、弊社和不動産の記事『節税よりも先に考えるべきは何か?生前贈与×都心築浅マンション投資が要』が掲載されましたのでご紹介します。

ダイヤモンド社より発売されている『ダイヤモンド・セレクト』では、相続・贈与をテーマとしたムック本を年1回、毎年9月頃に発売しています。今回のような「相続・贈与」といったテーマの特集号は、読者の保存性が高いことで知られています。

そんな注目度の高い誌面で、今回和不動産では「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用した相続対策をご提案させていただきました!

相続対策を行う上で大切なことは一体何でしょうか?

真っ先に「相続税の支払い額を抑えること」を考える方がほとんどでしょう。
そうなると「どれだけ節税できるか?」が対策のメインになってきますが、相続税を下げることばかりを考えると、新たな問題が勃発する可能性があります。それが“争族”です。

現金を「貸家」に換えることで、相続税評価額を大幅に下げることができるため、自分の土地に一棟アパートを建てる人が増えています。

しかし、相続人が3人だった場合、全員で一棟アパートを相続するとなるとどうなるでしょうか?人数に対して、相続される不動産の頭数が違うため、「相続したらすぐに売りたい!」「価格が高くなるのを待ってから売りたい!」「売らずに所有して家賃収入を得たい!」など三者三様の考えを持っていると折り合いをつけることが難しく、兄妹間において骨肉の争いにまで発展してしまう可能性があるのです…。

しかし、『都心の築浅中古ワンルームマンション』を人数分購入して、戸数ごとに相続すれば相続人それぞれの意思を叶えることができます。また、「生前贈与」の制度を活用すると、3つの大きなメリットを得ることも可能です!

相続対策として始める『生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション』のメリットについて、詳しくは誌面にてご確認いただければ幸いです!
相続対策を目的としてマンション経営を行う予定ではない方にも、ワンルームマンションの活用法の一つとして、是非ご一読いただければと思います!

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る