【9/29】読売新聞朝刊に和不動産の一面広告が掲載されました

9/29の読売新聞朝刊の相続に関する一面広告

9/29の読売新聞朝刊で、和不動産の相続に関する一面広告「『争い』は相続させない」が掲載されました。

【相続】と同じ読みで表記が違う【争族】。
2015年1月の相続税改正により、相続税支払い対象となる家庭数が大幅に増加しています。

【争族】は、不意に課税対象となったことから対策が万全ではなく
裁判沙汰になるほどに相続における問題が発生し始めていることを揶揄した言葉です。

財産を遺す側も受け取る側も、後悔しない相続税対策として
和不動産では、【生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション経営】をご提案しております。

不動産を活用した相続対策の中でも、なぜ都心の築浅中古ワンルームマンションがいいのか
本サイト内でも詳しく解説しておりますのでぜひご一読くださいませ!

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る