Q:小規模宅地等の特例とは、どのような特例ですか?

Q&A

亡くなった方が住んでいた自宅や、生活を共にする家族(生計一親族)が事業のために利用していた土地は、遺族にとってなくてはならないものです。

「小規模宅地等の特例」とは、そのような財産に多額の相続税が課されることによって、被相続人が亡くなった後の、遺族の生活に大きな支障が生じることを防ぐために設けられた、相続税の課税価格計算の特例です。

相続でそれらの土地を取得した場合、要件を満たせば、一定の面積までは土地の評価額を80%または50%減額することができるため、土地を相続する場合は非常に影響が大きいのです。

適用要件は、対象地や用途、取得者など複雑ですが、財産規模に拘わらず、この特例をいかに最大限使うかによって、相続税額が変わってきます。

安易な相続対策を行う前に、特例に詳しい専門家に相談することをオススメします。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る