Q:土地を相続する際、生前にやっておいた方が良いことはありますか?

Q&A

「相続税のために土地を売却する」「相続人の間で土地を分ける」などの必要があれば、生前のうちに土地の測量をしておきましょう。

土地を売却する場合、売主が隣接地との境界に境界標を明示し、隣接地の所有者とその境界を確認した旨の書面(境界承諾書)を添付した測量図を買主から要求されます。

土地の境界に接している隣地の所有者全員の同意(確認印)が必要となりますが、時折、隣接地の所有者との連絡が取れなかったり、関係性などからこの同意を得ることが難しかったりして、非常に時間のかかる場合があります。

相続発生からでは納税までに間に合わなくなる可能性もあるため、無駄に相続財産を減らすことの無いよう測量は生前にやっておくべきです。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る