【2017/8/11開催】相続税改正前と改正後を比較した 相続のトレンド分析

みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。

本日8/11(金)は、【相続税改正前と改正後を比較した相続のトレンド分析】をテーマに、セミナーを開催いたしました。7/12に代表仲宗根による4冊目となる著書「後悔しない相続税対策は、生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンションで!」が発売されました!それに伴い、7月からは相続税対策に特化したセミナーを開催しております。 様々な方面でメリットのある不動産投資を身近に感じていただけるきっかけになれば幸いです!

 

相続税改正後の平成27年に調停が成立した、遺産分割の遺産価格別内訳8141件のうち75.9%が5,000万円以下の遺産分割で調停が行われていることが司法統計をもとにわかっています。実際の遺産分割のトラブルは、富裕層だけでなく、むしろ一般家庭だから起こるトラブルであることがわかります。

なぜ、一般家庭でもこういったトラブルが起こるのかというと実は見落としがちな財産があるからなのです。それは持ち家の場合の自宅の評価額です。自分の住んでいる家の評価額を考慮していないと予想より高い相続税になってしまうことがあるので注意です。

弊社ではお持ちの資産をトータルで見て、どのように相続税対策を行えばより良いのかサポートさせていただきますので、お気軽に個別相談へのご参加お待ちいたしております。

 

今後も、弊社ではさまざまな切り口からセミナーを開催して参ります!今回このレポートでお伝えさせていただいた内容は、ほんの一部になります。多くのグラフや図を使用したわかりやすいセミナーとなっております。みなさんのご参加お待ちしております!

 

セミナーにご参加いただいた方から、ご感想をいただいたので、紹介させていただきます。

  • 今回セミナーへ申し込んだのは、参加しやすそうだと感じたので申し込みをしました。セミナー自体も勉強になりました。(I・T様 男性 40代)

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また次回のセミナーレポートでお会いしましょう。

【和不動産の不動産投資セミナー】開催日はこちらをチェック!
⇒ http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る