相続コンサルタントの必要性高まる

相続コンサルタントの必要性高まる

2018年1月29日の全国賃貸住宅新聞に相続のコンサルタントに関する記事が掲載されていたのでご紹介します。

納税割合が8.14割が土地や家屋

国税庁は『平成28年分の相続税の申告状況』を29年12月に発表しました。

税制改正の影響で27年1月以降の相続については税制改正により基礎控除額が引き下げられ、

課税対象となる被相続人が急増しており、27年に続き、28年も課税割合と納税額が高い水準で推移しています。

28年1~12月に他界した被相続人の数は約131万人で、27年の約129万人に比べ、2万人ほど増えています。

131万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約10万6000人で課税割合は8.1%でした。

27年の課税対象者は約10万3000人で、課税割合は8%だったことから、28年は0.1ポイント増加したことになります。

26年以前は税制改正前であることから、課税割合は4%台だった。税制改正によって、これまで課税対象者でなかった人たちが、相続税を納めているということになります。

相続財産の金額の構成比をみてみると、不動産が4割以上を占めることになっていることから、相続には不動産がつきものといえるでしょう。

また、業界に目を向けると賃貸オーナーの高齢化が進み、円滑な相続をサポートする必要が高まっています。

このように、賃貸オーナーに対する相続のコンサルティングの必要性が増しています。

現在、金額構成比からみる相続財産は4割以上を占めるということからも想像ができるように、不動産を活用した相続でお悩みの方が、運営会社和不動産にも多数相続相談にきています。

収益重視の不動産投資と相続税対策の不動産投資では、考え方が異なりますし、その両方をバランスよくかなえる選択肢もあります。

そういった「不動産を活用した相続税対策」は、不動産のプロに相談するのが最適です。なぜなら、これまで多くの方が「なんとなく」アパートを建ててしまったりして公開をしているからです。

どういった収益物件が皆様の「目的」をしっかりと叶えてくれるのか、これは法務・税務等の各分野の専門家と同様に不動産のプロに相談をすることをお勧めします。

今持っている物件を組み換える必要があるかどうか、これから活用する物件はどんなものが良いのか、など、不明点や疑問点のある方は是非一度お気軽に和不動産のセミナーに足を運んで確認して頂けたらと思います。

個別相談も無料で行われているので、より詳細な情報が必要な方、自分に合わせたお話がしたい方は、こちらを活用いただけたらと思います。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る