【2018/3/30】相続税対策は「生前贈与×都心・中古ワンルームマンション経営」で

和不動産 相続税対策セミナーの画像

みなさん、こんにちは!アフターフォローが評判の和不動産です。
本日3/30(金)は、【相続税対策は「生前贈与×都心・中古ワンルームマンション経営」で】をテーマに、セミナーを開催いたしました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

昨年発売された代表仲宗根による4冊目となる著書『後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンションで!」』に基づき、解説させて頂きました。
本セミナーでは下記のようなラインナップでセミナーをお届けいたしました!
第一部
1. キーワードは「生前贈与」相続税対策は評価額を下げ、早めに始める
第二部
2. 都心の築浅中古ワンルームマンションが相続税対策に向いている理由

「相続」で重視すべきポイントとは一体なんでしょう?
相続税がかからないように、評価額を下げることでしょうか?
確かに、相続税がなるべくかからない様に評価額を下げることも大切ですが、ただ評価額を下げればいいわけではありません。誰に何を相続させるのか、自分の意思を承継させることがポイントです。平成27年1月の相続税改正により課税対象者が増加し、相続税対策に取り組む人が増えました。セミナーでは、相続資産に不動産をお持ちの方を例に、①タワーマンション②中古ワンルームマンション③アパートで比較し、相続時のそれぞれの特性を確認してゆきました。
次にポイントとなるのが、資産の分割です。資産を平等に相続させることで、相続人の間での争いを防ぐことが出来ます。
そして最後に考えるべきが相続税の支払いを抑えることです。
この3つのポイントをおさえているのが、都心・中古ワンルームマンション経営です。

本セミナーでは都心の築浅中古ワンルームマンションが「生前贈与」や「相続税対策」に向いている理由についてご説明いたしました。
残される家族の為にも都心の築浅中古ワンルームマンションを利用した相続税対策をご検討されてみてはいかがでしょうか?
弊社では毎週水・金・土・日曜日にセミナーを開催いたしております。
テーマは本日のような初めての方向きももちろん、経験者の方にも役立つ内容盛りだくさんのテーマを数多く取り揃えております。まずは、一度足を運んでみてくださいね!
それでは最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る