後悔しない相続税対策のポイント 運営が難しくない物件選びの方法とは?

後悔しない相続税対策のポイント 運営が難しくない物件選びの方法とは?

■運営の難易度が高くない物件選びを

相続税改正により行き過ぎた相続税対策がもたらした影響も多々ありますが、かといって相続税対策をしないわけにもいきません。

しかし、相続税対策をしなければいけない人のすべてが、不動産投資をやりたくて不動産投資を選択しているわけではありません。
不動産投資が相続税対策に効果的だから、やっている人がほとんどです。
逆に言うと、相続税対策をしたいがために不動産投資を始めている人のほとんどが、不動産投資初心者ということになります。

つまり、不動産投資初心者が難易度の高いアパート経営に参入しているために、相続税対策で後悔している人が増えているのです。

そこで、私が勧めているのは、管理の手間暇がかからない、収益の安定している「都心の築浅中古ワンルームマンション経営」です。
これから相続税対策を始める不動産投資初心者は、より確実に子世代に資産を相続させなければなりません。
相続を受ける子世代が、不動産投資に精通していなければなおさらです。
そのミッションを確実に遂行するためにも、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
相続税対策の理想形は、資産価値2億円の財産を子どもたちに2億円のままで残すことです。

そのためには、

  1. 相続税評価額を下げること
  2. 収益性を確保すること
  3. 流動性が高いこと(現金化しやすいこと)

が必要になります。

ここでは、アパート経営とワンルームマンション経営を比較しながら、相続税対策で始める不動産投資ではどのような物件を選べば良いのかを、しっかりと確認していきます。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る