アパートを売却して、ワンルームマンションへ資産の組み替えを行った事例

アパートを売却して、ワンルームマンションへ資産の組み替えを行った事例

ここでは所有していたアパートを売却して、ワンルームマンションに資産の組み替えを行ったオーナー様の事例・評判・口コミを紹介します。

アパートを一棟所有しているこのオーナー様には、3人のお子様がいました。
しかし、一棟アパートを相続するとなると分割がしにくいために、子どもたちの間でトラブルになることが悩みの種だったのです。

そこで、そのオーナー様は、アパートを売却した6000万円で、2000万円のワンルームマンションを3戸購入し、3人の子どもに1戸ずつ相続しようと計画することで、

  1. 意思の承継
  2. 遺産の分割
  3. 相続税対策

という相続税対策特有の問題をクリアにしました。

各家庭によって財産状況は異なりますが、相続税対策はオーダーメイドでプランニングする必要があります。

このオーナー様の場合、一棟のアパートを相続させ子ども同士がもめるより、円滑に分割できるよう資産の組み替えをすることが最善の方法だと考えたのです。

このケースの場合、資産がアパートのため、アパートを売却することで資産の組み替えという手法を取れました。

しかし、不動産でもめるケースは資産が自宅だけの相続であることがほとんどです。

遺産分割の舵取りをする親の不在で「争族」親の意思が明確に反映されていれば、相続でもめるケースは劇的に減ることでしょう。

そのため、意思の承継が明確に反映される生前贈与は、「争族」を回避するにはうってつけの手段になります。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る