条件さえ合えば誰にでも何度でも利用可能な暦年贈与

生前贈与の一番のメリットは、この暦年贈与を使った贈与です。

上の図のように、相続時精算課税制度は贈与した資産に対しても相続時に相続税の対象として加算されてしまうのに対し、暦年贈与は贈与分が相続の課税対象外になるというメリットがあります。相続時精算課税制度を利用した時には贈与財産の4000 万円と相続財産の8000 万円の合計である1億2000 万円が相続税の対象であるのに対し、暦年贈与では4000 万円をあらかじめ贈与するので、残りの相続財産である8000 万円に対し相続税が掛かるため暦年贈与を活用した方が有利になるのです。私は、この暦年贈与をうまく活用することこそが、相続税対策成功の第一歩と考えています。

一方で、デメリットとしては、年間110 万円の枠しかないということです。そのため贈与額を年間110 万円以内に収めなければならないと誤解している人も多いと思いますが、暦年贈与は110 万円を超えた部分に対しても贈与税を納税すれば何回でも使えるというメリットがあります。

 

上の図のように、暦年贈与は「贈与税額=【1年間にもらった財産の合計額-110 万円(基礎控除額)】×税率-控除額」といった計算で求められるのです。ポイントは、「1年間にもらった財産の合計額」で、基礎控除の金額が110 万円と設定されているため、「1年間にもらった財産の合計額」を現金と認識する人が多くいるのではないでしょうか。しかし、この「1年間にもらった財産の合計額」は、現金ではなく不動産や株でも構わないのです。私は、この「1年間にもらった財産の合計額」の部分に「都心の築浅中古ワンルームマンション」を当て込むことを提案します。

この際、暦年贈与の計算式は、上の図の通りです。暦年贈与の計算式に、「都心の築浅中古ワンルームマンション」を当て込んだ場合には、以下のような計算を実施します。

  • 【405 万円(中古ワンルームマンションの相続税評価額)-110 万円(基礎控除額)×15(税率)-10万円(控除額)342500 円(贈与税額)」

という計算です。1回で贈与した場合、34万2500 円の贈与税を納税することで、2000 万円の中古ワンルームマンションを生前贈与することができます。中古ワンルームマンションを生前贈与する際には、その他に所有権移転の登記費用がかかりますが、ワンルームマンションの規模であれば、10~15万円前後で足りますので、総額40~50万円程度で中古ワンルームマンションの生前贈与が可能です(別途、戸あたり10~15万円前後の不動産取得税がかかります)。子世代に負担をかけたくないのであれば、ワンルームマンションを贈与する前年に暦年贈与を利用し、現金を100 万円程度贈与しておけば、翌年の贈与税と所有権の移転登記費用を支払うことができます。

これをタワーマンションで行った場合、

  • 【2000 万円(タワーマンションの相続税評価額)-110 万円(基礎控除額)×45(税率)-265 万円(控除額)= 585 5000 円(贈与税額)

という計算です。相続税対策に有利なタワーマンションですが、生前贈与ということを考えた場合は、小回りの利くワンルームマンションが圧倒的に有利だということをご理解いただけたと思います。

例えば、上の図のように暦年贈与を使い計画的に生前贈与を行えば、相続資産が3億円ある場合に、2000 万円の中古ワンルームマンション5戸を5回に分け総額1億円分のワンルームマンションに換え生前贈与しておけば、相続時にかかる相続税評価額を2億円まで下げる効果があります。3億円にかかる相続税率と2億円にかかる相続税率は異なりますので、相続資産をあらかじめ生前贈与するやり方は、効果的な方法と言えるのです。

30年という長期間にわたって生前贈与を繰り返せば、税金の時効である7年のタイミングにあまりとらわれず対策も可能になります。

先ほど、1億2000 万円を現金で相続した場合の相続税が、1820 万円だと伝えました。1億2000 万円の現金で2000 万円のワンルームマンションを6戸購入し、6回に分けて生前贈与した場合には50万円(贈与税の支払い約34万円と登記費用を15万円とした場合の合計額)×6回= 300 万円(贈与税等の支払い合計額)の支

払いで済みます(別途、戸あたり15万円×5戸=75万円前後の不動産取得税がかかります)。不動産取得税

75万円を考慮しても現金で相続する場合との差は、約1455 万円(1820 万円-「300 万円+75万円」)です。残った相続財産に対しては新たに相続税対策を考えるとして、生前贈与の手段としてワンルームマンションを活用すれば相続税の支払いを大幅に下げられることは間違いありません。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る