相続税改正の影響


平成27年1月、相続税が改正され、基礎控除が4割下がりました。

この改正により国税庁は、改正後の平成27年度における課税対象者は前年の平成26年度と比べ1.8倍となり、課税割合は現行の課税方式となった昭和33年以降で過去最高を記録したと発表しました。

相続税が改正により、多くの人が相続税対策に取り組み、相続税対策の王道であるアパートなどに代表される貸家の建築は、ブームを迎えています。
しかし、増えた貸家に対し入居者の総数は増えていないため、地域によっては入居実態を伴わない貸家の建設が、バブルのような状態になりつつあります。

そんな現状に、金融庁は金融機関に対し、1つ1つの融資案件が、本当に相続税対策になっているのかを検査・監督していくという方針を示しました。

しかし、アパートが相続税対策にならなくなったとしても、相続税対策をしないわけにもいきません。
そういった悩みを抱えている人に対し、ここでは「生前贈与」と「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用した相続税対策の手法をご紹介致します。

国民的な関心ごとになりつつある相続ですが、一般的に「相続税対策」は難解なテーマとして捉えられています。
なぜなら、人生のうちに相続を何回も経験する人は、少ないからです。

経験が少ないが故に、「相続」が「争族」に発展しているケースが増えているのです。

相続でもめているのは富裕層であると思われがちですが、実際の遺産トラブルは「5000万円以下」の案件が約75%と、むしろ一般家庭にこそ起こり得るトラブルと言っても過言ではありません。これは、富裕層はあらかじめ起こる相続に対して準備しているのに対し、うちには関係ないと思って準備していない家庭だからこそ起こる問題とも言えます。

相続税対策は、相続税評価額を下げることだけが、対策のすべてではありません。相続税評価額を下げつつ、「相続」が「争族」にならないように対策する必要もあります。

その両方を実現しやすい方法として、「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用した相続税対策が有効なのです。

相続税対策をする人が、難解な相続税の仕組みのすべてを理解する必要はありません。
相続税の「知識」ではなく、相続税評価額を下げつつ争族を防ぐやり方である「知恵」を理解する方が有効な手段ではないでしょうか。

今回は、相続税対策初心者のために、相続税の仕組みではなく、効果的な相続税対策とは何かという具体的な「知恵」を提案していきたいと考えています。

相続税改正が相続対策を変えた

相続税対策における不動産の優位性

まとめ

ページ上部へ戻る