相続と生前贈与


相続税対策では、現金から不動産にカタチを換え、貸家として運用することで有利な相続税対策が実施できます。

貸家が相続税対策に有利な理由は、所有者の所有権も当然法律で保護されていますが、その部屋に住んでいる入居者の占有権も法律で同様に保護されているからです。

そのため、実勢価格ではなく、実勢価格に補正率がかけられるため、相続税評価額はその他の資産に比べ低くなります。
また、相続税対策で有利とされる方法の1つに、マイナスの財産として借金を相続するという方法があり、その方法を活用しやすいのも、貸家であることは間違いありません。

相続税対策で不動産が有利とされるのは、

  • 貸家にして相続税評価額を大幅に下げられること
  • 借金をしてマイナスの財産を相続させられること

という仕組みを使えるからになります。

もちろん、やりすぎた相続税対策はどうかと思いますが、法律で認められた範囲で対策を行うことは自由です。

しかし、ほとんどの人にとって、相続は人生で1度か2度の出来事のため、誰もが相続税対策の初心者とも言えます。相続税の仕組みそのものが難解なこともありますが、多くの人は経験がない故にやり方がわからないのです。

この項目では、貸家がなぜ相続税対策に有利なのかと、評価額を圧縮できる不動産を活用した生前贈与の方法について確認していきます。

相続税評価額の計算方法と下げ方

相続対策における生前贈与のメリット

まとめ

最近の投稿

ページ上部へ戻る