相続に適した物件とは?


相続税改正により、相続税対策の必要性だけが一人歩きし、間違った相続税対策をしている人も増えています。
今は、建築したばかりのアパートなので失敗している人の総数は少ないですが、これが10年後、20年後と時が経つにつれて、間違ったやり方だったと認識する人も徐々に増えてくるのではないでしょうか。
人によっては、それが親世代ではなく、子世代に問題が発生することも十分考えられることでしょう。

後悔をしないためにも、相続税対策を始める際に何のための対策なのかを今一度しっかり考えてください。

間違ったやり方をしている人は、
「子どもが困る貸家を相続させる人」
「相続税評価額を下げるために行った相続税対策で逆に相続税額を増やしている人」
「収益性を確保できずに相続税対策により資産を大幅に減らしている人」など、
何のためにやっているのかわからない相続税対策を行っています。

これは、不動産のプロでもなければ税金のプロでもない人が、相続税対策をしなければならないという使命感に駆られて、安易に取り組んでしまったが故の結果です。

しかし、相続は人生にそう何回もあるものではありません。
後悔しないためには、相続税対策の相談案件を沢山積んでいる不動産のプロ、税金のプロに相談してからでも遅くはありま
せん。
まずは、何のための相続税対策なのか、今一度、目的意識を持つことが非常に大切なことです。

ここでは、相続税評価額を下げる以外のポイントとなる相続税対策として、「やってはいけない相続税対策とは何か?」と「相続税対策で選ぶべき物件」について確認していきたいと思います。

比較で学ぶ相続税対策

やってはいけない相続対策

まとめ

ページ上部へ戻る