マンション経営と相続


相続税対策において、最初に考えなければいけないことは「いかに財産を贈与するか」ということです。

例えば、相続の対象総額を100とした場合、生前贈与を繰り返すことで相続対象財産を減らすことができれば、相続対象財産も80になり税率も下がる可能性があります。
生前贈与を真っ先に考えることは、誰にとってもメリットになるのです。

生前贈与では、「暦年贈与(110万円の基礎控除)」と「相続時精算課税制度(相続税・贈与税一体化措置)」を有効活用することがポイントですが、この贈与を現金でやるのではなく不動産(収益物件)で行うことができればより効果的です。

この項目では、財産評価額を最大限圧縮できる『都心の築浅中古ワンルームマンション』を活用した、生前贈与について詳しくお伝えしていきます。

都心の築浅中古ワンルームマンションが相続税対策に向いている理由

ページ上部へ戻る