過去の記事一覧


「相続税対策・生前贈与は和不動産で | 相続税対策・生前贈与は和不動産でセミナー・無料個別相談開催中 | ページ 2」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 「やったつもり相続」にご注意!

    暦年贈与には失敗することもある 相続財産を減らす方法に、「贈与」があり、「年間110万円までは税金が控除される」と言われています(暦年贈与)。 この暦年贈与の対象を子やその配偶者、孫・・・と増やしてコツコツと続け…
  • 40年ぶりの民法大改正で相続はどうなる?

    40年ぶりの民法改正で相続は改善方向へ 2018年7月の民法改正で、約40年ぶりに相続に関わる法の大改正が行われました。それにより、これまで問題点として抱えていた点が大きく改善されています。 その中でも注目のポイ…
  • 2/11(祝・月)最新の相続税対策トレンドは「暦年贈与×不動産」

    人生100年時代と言われ始めた昨今。 現在の高齢者は、人生100年時代の生き方を切り拓くパイオニア世代になるのです。 新しい時代を切り拓くためには、情報が何より武器です。 そして、子世代の支えが大切になるの…
  • 相続のトレンドを学ぶ

    1/14(祝・月)最新の相続税対策トレンドは「暦年贈与×不動産」

    人生100年時代と言われ始めた昨今。 現在の高齢者は、人生100年時代の生き方を切り拓くパイオニア世代になるのです。 新しい時代を切り拓くためには、情報が何より武器です。 そして、子世代の支えが大切になるのではない…
  • 『相続税対策の王道』コツコツ贈与で相続節税

    相続税の節税のため、子どもや孫に財産を生前贈与する高齢者が増えています。年110万円の非課税枠を生かして少額ずつ贈与しながら、教育費や生活費をその都度、非課税で援助する方法を併用することで節税効果を高めることができます。…
  • 事業用土地相続 税優遇厳しく

    12月7日の日経新聞に掲載されていた相続税に関する記事をご紹介いたします。 政府・与党は2019年度の税制改正で個人版事業承継税制を創設するのに伴い、既存の税優遇策を見直すとしました。個人が事業用として使う土地への…
  • 相続改正 自宅売却せずに“争続”回避へ

    昨今、住宅の住み替え需要の主軸が高所得の高齢者に移る中、マイホームの残し方についてお悩みをお抱えの方も増えているのではないでしょうか。 「自分が死んだあと自宅がどうなるのか、妻が住み続けられるのか不安だったが、制度…
  • 相続税対策 不動産

    【2018/11/23】親も子も満足できる収益物件を活用した相続税対策

    みなさん、こんにちは!不動産投資セミナーでお馴染みの和不動産です。 11月23日(金・祝)は、【親も子も満足できる収益物件を活用した相続税対策】というテーマをもとに開催致しました。講師は弊社代表…
  • 相続税対策 贈与

    個人事業主の「事業承継」税金猶予は都道府県の認定制に

    11月3日の日経新聞より個人事業主の贈与と相続の税優遇に関する記事が掲載されていましたので、ご紹介いたします。 贈与をうまく活用すれば、大幅な節税が実現できるかもしれません。 経済産業省は、2019年度の税制改正…
  • 不動産投資 かるた

    12月号「家主と地主」にかるた会が掲載されました

    12月号の「家主と地主」に「深掘りしたい情報を指定して聞ける!」オーダーメイドセミナー!カルタ会付きが掲載されました。 2018年8月8日に発売された弊社代表・仲宗根の5冊目書籍「不動産投資初心者におくる46の…

不動産投資 初心者

老後破産対策お役立ちサイト

engage

マイベストジョブ

和不動産 人事ブログバナー

争族を避ける3つのポイント

相続が起きたときにトラブルを回避する重要なポイントは、

①意思の承継

②遺産の分割

③相続税対策(相続税評価額を下げること)

をすることになります。


都心の築浅中古ワンルームマンションを活用すれば、「①意思の承継」と「②遺産の分割」は、ワンルームマンションを相続・贈与することで解決でき、「③相続税対策」は、生前贈与で相続時の資産を減らしながら相続税評価額を圧縮することで解決できるようになります。資産を分割できるメリットは相続税額を下げることだけでなく、「争族」というトラブルを回避することにも大きな力を発揮できるのです。

ページ上部へ戻る