過去の記事一覧

  • 「相続と生前贈与」のまとめ

    「相続と生前贈与」のまとめ

    「相続と生前贈与」のまとめを確認していきましょう。 ■ 相続税対策で不動産が有利とされているのは、「①貸家にして相続税評価額を下げられること」「②借金をしてマイナスの財産を相続させやすいこと」の…
  • 「相続税改正の影響」のまとめ

    「相続税改正の影響」のまとめ

    ここでは、これまでご紹介してきました「相続税改正の影響」をまとめましたので確認していきましょう。 ■平成27年1月に相続税が改正され、相続税の基礎控除が4割減に。 ■相続税の最高税率が、今…
  • 誰もが安心できる「相続税対策」こそゴール

    誰もが安心できる「相続税対策」こそゴール

    個人信託は、親世代が認知症になることが原因の「争族」対策には適した手段と言えます。相続税対策は、「相続税評価額を下げること」も大切ですが、「受け取る側が困らない相続税対策」も考えることが必要です。「受け取る側が困らない相…
  • 個人信託を活用したケーススタディ

    個人信託を活用したケーススタディ

    個人信託の契約から運用、終了までを行った場合の流れは以下の通りです。母と長男・次男が相続税対策のため現金8000 万円を活用し個人信託契約を結び、ワンルームマンション4戸を購入し信託終了後に子どもにワンルームマンションを…
  • 委託者が認知症になっても安心して賃貸経営を続けられる

    委託者が認知症になっても安心して賃貸経営を続けられる

    個人信託は、上の図のように、自宅の管理で悩んでいるケースなどに有効な手段です。当然、親世代にとって自宅には、さまざまな思いがあります。死んだ後には、子どもに住んでもらいたい気持ちもあるけれど、…
  • 個人信託のメリット・デメリット

    個人信託のメリット・デメリット

    個人信託を活用するメリット・デメリットは、以下の通りです。 【個人信託のメリット】 ◉ 成年後見では、できなかった自由で柔軟な資産運用ができるようになる。 ◉ 高齢の親の代わりにアパートなどの賃貸契約・…
  • 思いをカタチにできる「信託」と いう選択肢

    思いをカタチにできる「信託」と いう選択肢

    成年後見制度や遺言にはかなりの制限があるのに比べ、信託は受益者のために委託者と受託者の間で相談すればフレキシブルな対応が可能になります。認知症を発症してしまえば個人信託は選択できないため、すべてを1つの契約で行える仕組み…
  • 朝日新聞15段に和不動産の広告が掲載されました

    朝日新聞 2017年9月4日号朝刊13面に和不動産の広告が掲載されました。 2015年1月、相続税が改正されたため、アパート建築にて相続税対策をとろうとしていた父親は、アパート経営は何かと問題があることを耳にして悩…
  • 相続税対策セミナー大好評開催中

    相続税対策セミナー大好評開催中

    書店でも好評発売中の和不動産代表の4冊目書籍『後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!』 もしかしたらこのポスターを見かけた方もいらっしゃるかもしれません! …
  • 相続の始まりは口座の入出金停止から

    いま、「信託」という手段が注目を浴びている理由は、認知症の高齢者が年々増えていることに起因しています。上の図のように、医療の発展により高齢化が年々進んでいるなかで、厚生労働省研究所班の調べによりますと65歳以上の…

争族を避ける3つのポイント

相続が起きたときにトラブルを回避する重要なポイントは、

①意思の承継

②遺産の分割

③相続税対策(相続税評価額を下げること)

をすることになります。

都心の築浅中古ワンルームマンションを活用すれば、「①意思の承継」と「②遺産の分割」は、ワンルームマンションを相続・贈与することで解決でき、「③相続税対策」は、生前贈与で相続時の資産を減らしながら相続税評価額を圧縮することで解決できるようになります。資産を分割できるメリットは相続税額を下げることだけでなく、「争族」というトラブルを回避することにも大きな力を発揮できるのです。

ページ上部へ戻る