カテゴリー:相手を思いやる相続


「相手を思いやる相続 | 相続税対策・生前贈与は和不動産で | ページ 2」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

    争族のトラブルを回避する「個人信託」とは?

    「個人信託」とは、一言でいうと『財産管理の1つのやり方』です。「信託」という仕組みは以前からありましたが、ここでは便宜上、個人が個人(家族や親戚)に運用を任せるという意味で、「個人信託」と呼ばせていただきます。 「…
  • 相続を円滑に進める仕組み「個人信託」を うまく活用しよう

    相続を円滑に進める仕組み「個人信託」を うまく活用しよう

    ■「成年後見制度」の活用は資産運用の終焉を意味する いざ、相続が発生した時に一番困るのが資産の凍結です。平成28年12月の最高裁の判例で、預貯金は遺産分割の対象になりました。これまで相続人は、理論上において法定相続…
  • いざという時に、かかりつけの相談相手を持つ! 専門家の活用

    いざという時に、かかりつけの相談相手を持つ! 専門家の活用

    ■「誰」に「何」を聞けばいいのかを知っておく どんなに準備をしていても、いざ相続というタイミングは必ずきます。いざ、相続が発生した場合、相続の手続きには期限があり、上の図のスキームを10ケ月以内にやらなけれ…
  • 自分の意思を反映することがトラブル回避の最善策

    自分の意思を反映することがトラブル回避の最善策

    相続でトラブルを回避する重要なポイントは、上の図のように「①意思の承継」「②遺産の分割」「③相続税対策(相続税評価額を下げること)」をすることになります。くどいようですがそれを可能にするのは、都心の築浅中古ワンル…
  • 長期運用における大きなリスクは「家賃下落」

    長期運用における大きなリスクは「家賃下落」

    また、相続税対策では、受け取る子世代の運用状況まで考えることが必要になります。 そのためには、購入時のプランで長期的に運用しやすい物件を選択することが重要です。 相続税対策で選ぶ収益物件における家賃の下落は、…
  • ドロ沼「争族」を回避するための3つの知恵

    ドロ沼「争族」を回避するための3つの知恵

    ■裁判所には年間16万件を超える相談が寄せられている   相続税対策において、相続税の納税額を抑えること以外に大事なこともあります。それは、「相続」が「争族」にならないように配慮することです。相続は、誰にでも…
  • 受け取る人がうまく活用できる「資産」を残すことが重要!

    受け取る人がうまく活用できる「資産」を残すことが重要!

    ■受け取る子どもの「手間にならない物件」選びとは? ここまでは、相続や贈与する人から見た「相続」にスポットを当てましたが、ここからは相続財産を「受け取る側」から見た相続税対策について考えていきましょう。 私が…
相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る