生前贈与とは?メリット・デメリットや不動産贈与の活用に関しても解説

相続贈与

生前贈与とは相続対策の1つとして生前に財産を贈与することです。この記事では、不動産などの生前贈与に関して知りたい人向けに、生前贈与とは何か、相続や死因贈与との違い、受け取り方などを紹介します。生前贈与として不動産を手にした場合の対処法なども解説するので、不動産贈与の活用に役立ててください。

生前贈与とは?

生前贈与は相続対策の1つであり、受け取る側と合意のうえ、亡くなる前に自分の財産を無償で贈与することをいいます。生前贈与とみなされるのは、亡くなる3年以上前に手続きされた資産です。生前贈与することで納税額が少なくなるケースがあるため、主に相続の節税対策として活用されています。

オンライン相談バナー

生前贈与と相続や死因贈与との違い

生前贈与と似た制度に相続や死因贈与があります。それぞれの制度と生前贈与の違いを解説します。

相続との違い

相続では、財産が渡る時点において被相続人が亡くなっているのに対し、生存贈与では生存している段階で行います。適用される税も相続の場合には相続税、生前贈与の場合には贈与税、と異なります。ただし、生前贈与した時点で存命でも、亡くなる3年以内の贈与分は相続として扱われます。

遺贈と違い

遺贈とは遺言書を作成し、財産を受け取る相手を指定して財産を贈与することです。相手を特定できる点は生前贈与と同じですが、財産を渡す人が亡くなった時点で効力を発揮する(贈与される)ところが違います。

死因贈与との違い

死因贈与も遺贈と同じく死を原因とした贈与であり、贈与者の死亡によって効力が生じる点が生前贈与と違います。ただし、遺贈は受け取り側の同意が不要であるのに対し、死因贈与は生前贈与と同じく合意が必要です。
個別相談誘導バナー

生前贈与|受け取り時の選択とは?

生前贈与の受け取りには課税が発生します。生前贈与を受ける際は、通常、暦年課税か相続時精算課税のどちらかを選択することになるため、それぞれについて解説します。

暦年課税

暦年課税(れきねんかぜい)とは課税方式の1つで、通常の贈与税と考えていいでしょう。年間110万円以内の贈与は基礎控除となりますが、それを超えた分の贈与には暦年課税がかかります。暦年課税の対象は、現金や不動産、株などあらゆる資産が対象です。

相続時精算課税

60歳以上の父母や祖父から20歳以上の子や孫へ財産を贈与する場合は、暦年課税か相続時精算課税を選べます。相続時精算課税を選んだ場合、受け取り額2,500万円までは贈与税はかかりません。ただし、贈与者が亡くなったときに贈与した資産分の相続税は課税されます。
オンライン相談バナー

生前贈与のメリット

生前贈与には節税効果や贈与を受け取る相手を選べるメリットがあります。ここでは、具体的なメリットを解説します。

節税効果が期待できる

相続財産を減らした場合

暦年課税を選択した場合、年間110万円までは非課税です。この制度を利用して上限内で1年または複数年に渡って贈与すれば、その分には税金がかかりません。これは暦年贈与と呼ばれ、相続する資産を減らして相続税の節税ができる方法の1つです。

価値の変動があるものを贈与する場合

相続の場合は相続時の価値、贈与の場合は贈与した時点の価値で贈与税が計算されます。したがって、価値の変動がある不動産などでは、価格が上がる可能性が高ければ生前贈与することで節税が見込めます。

特例措置の条件に該当する場合

特例措置の条件に該当する場合も、生前贈与により節税効果が期待できます。「住宅取得等資金の特例」は、親や祖父母から居住用家屋の新築や増築に充てる費用を受け取った場合、一部または全てが非課税となる制度です。住宅の契約締結日によって非課税額が違う点に注意しましょう。

「教育資金一括贈与特例」は、親や祖父母から30歳未満の子や孫へ教育資金を贈与した際に、1500万円まで非課税になる制度です。学校や学習塾、渡航費用などに充てる場合に教育資金として認められます。

自由に受贈者を選べる

生前贈与は贈与を受け取る人を自由に選べるのが特徴です。あげたいと思う相手のことを「受贈者」と呼びます。遺贈や死因贈与と違い、財産の受け渡しを贈与者自身が確認できる点もメリットといえるでしょう。
個別相談誘導バナー

生前贈与のデメリット

メリットがある一方で、場合によってはかえって税金がかかってしまうケースもあります。ここでは生前贈与のデメリットを紹介します。

税務署に否認される可能性がある

受贈者が生前贈与されたことを知らない、了承していない場合は認められません。また、現金の手渡しや名義預金(親が子ども名義で作って通帳を管理している口座など)への振込は証拠がないため否認される可能性があります。対策として、受贈者の口座への振り込み、贈与契約書の作成、不動産の場合は名義変更手続きをする、などがあげられます。

の対象となるケースがある

生前贈与した資産に贈与税や相続税がかかるケースがあるため、さらに詳しく解説します。

贈与税が課税される場合

贈与額が年間110万円を超えた分は贈与税がかかります。また、上限以内は非課税ですが、例えば1,100万円を110万円×10年で贈与すると、事前に総額を決めていたとみなされるケースがあります。その場合「定額贈与」として扱われ、今まで贈与した全額に贈与税がかることに注意しましょう。

相続税が課税される場合

生前贈与をしてから3年以内に贈与者が死亡してしまうと、生前贈与加算という規定が適用されて相続税に切り替わります。生前贈与したとしても、予期しない形で納税額が変わる可能性もあるのです。なお、贈与税の支払い分は相続税から差し引かれます。

贈与税以外の費用が発生する可能性がある

贈与する資産の種類によっては、贈与税以外の費用が発生することがあります。そのような資産の代表は不動産です。贈与の際には名義登記手数料のほか、登録免許税や不動産取得税がかかります。また、相続の場合は登録免許税が0.4%で不動産取得税がないのに対し、生前贈与ではそれぞれに対して、通常、不動産評価額の2~3%がかかることにも注意が必要です。
オンライン相談バナー

もしも生前贈与で不動産を受け取った場合どうするか?

不動産を生前贈与された場合には、どのように対応方法があるのでしょうか。

放置する

住むつもりがなく、誰かに貸すつもりもない場合、不動産を放置してしまうケースもあるでしょう。しかし、固定資産税や都市計画税が毎年かかりますし、維持費や管理費もゼロではありません。放置により「特定空き家」とみなされると、さらに固定資産税が上がります。

住む

受贈者やその家族が住むという選択肢もあります。ライフスタイルにあった広さやコンディション、周囲の環境などさまざまな条件を満たしていれば居住するのも1つでしょう。

不動産会社に相談する

より良い選択をプロに相談する方法もあります。得意とする物件のジャンルは不動産会社ごとに違うため、特に売却や資産運用の場合には不動産会社選びが重要です。

売却する

住宅の売却では、不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。買い手がみつかれば、まとまった現金が手に入るのがメリットです。しかし、不動産会社によっては売却までに時間がかかることもあります。納得できる価格で短期間に売却するためにも、不動産会社は慎重に選びましょう。

資産運用に活用する

第三者に住宅を貸して賃貸収入を得る方法もあります。初期費用や収益に関するプランを立てる必要性があり、難易度は高いですが不動産会社への相談で解決できる場合もあります。

和不動産は不動産投資だけに限らない、FP的な広い視野での資産運用のアドバイスができる不動産会社です。生前贈与を受けて不動産投資を検討する人は一度ご相談ください。
個別相談誘導バナー

まとめ

生前贈与は相続対策の1つであり、主に節税対策として活用される制度です。暦年贈与や住宅・教育資金に対する特例措置などを活用すれば、納める税金を減らせます。不動産を生前贈与した場合はそこに住むほか、売却、資産運用などに活用しましょう。

和不動産の強みはワンルームマンションの生前贈与のノウハウが多数あり、オーナー様の25%以上が年間キャッシュフロー100万円以上を達成していることです。初心者向けや経験者向けのテーマを絞った立地、税金対策セミナーなど幅広い種類のセミナーを開催しているため、一度参加してみてはいかがでしょうか。まずはオンラインでお気軽にご相談ください。

オンライン相談はこちら
オンライン相談バナー
相続特集ページバナー

関連記事

相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る