高い節税効果+争族を防ぐ+相続資産を復元できる、円満な相続の方法とは?

円満な相続

相続対策で、間違った物件を選ぶと子どもは困ります

相続する子どもたちからすれば、”争い”を避けたいのはもちろん、不動産を相続するにもボロ物件、借金、管理の手間などは逆に迷惑です。そうした課題を全部クリアする相続方法が、収益物件の中でも「23区築浅ワンルームマンション」を活用した生前贈与です。

23区築浅ワンルームマンションで、相続でのたくさんの問題をズバッと解決!

和不動産がご提案するのは、年間平均入居率99%以上の「23区築浅ワンルームマンション」を活用した相続対策。こうすることで、以下の6つの問題を一度に解決することができます。はっきり言うと、効率だけなら他にも収益物件を使った相続対策はあります。手間暇がかからないのは現金ですし、相続税の圧縮率は、タワーマンションに勝てません。だからといって、メリットだらけというわけでもありません。一長一短なのです。

その点、23区築浅ワンルームマンションであれば、不動産を使った相続対策のメリットを、バランスよく教授できるのです。

①相続税をたくさん払いたいですか?

相続資産の現金を収益物件に組み替えると、相続税が軽減できます。また、現金で購入すると生前贈与も可能なので、無税になることも!

②借金を相続したいですか?

借金をして奥単位の1棟物件を建てるのも相続対策の1つですが、将来家賃収入が途絶えれば、子どもには借金だけが残る。手頃な価格の23区築浅ワンルームマンションなら、現金で複数戸購入可能です。

③赤字物件を相続したいですか?

リッチを間違えると、相続対策で周辺に競合物件が乱立してしまい、家賃の大幅な値下げや空室になりかねません。空室リスクの低い23区ワンルームマンションなら安心です。

④争いを相続したいですか?

アパートやタワーマンションの相続は物件格差が激しく、不公平となり争いの種に。しかし、条件が揃いやすい23区築浅1Rなら平等に分割でき、家賃収入が入り、売却も簡単だ。

⑤手間や”負の動産”を相続したいですか?

1棟物件は管理が大変。親世代は時間の余裕もあり手間をかけられるが、子どもの世代になったらトラブルだらけで“負の動産”化することも。

⑥ボロ物件を相続したいですか?

木造物件は将来、老朽化で莫大な修繕費が必要になる。耐用年数が長く堅牢なRC造でかつ区分マンションなら経費も少なくてすむ。

生前贈与をうまく利用すれば、相続財産評価を減らせる

土地・家屋の暦年贈与が増えている!

2015年1月から、相続税基礎控除額が引き下げられたことで、相続税が実質的にアップし、納税対象者も増えています。そこで気になるのが「相続税対策」です。

TAX

相続税対策の基本は、相続税評価額を減らし、実効税率を下げることです。そのため、被相続人である親の財産の現金で、投資用ワンルームマンションを、相続したい人数の個数ぶん平等に購入し、その物件を各人に暦年贈与で生前贈与すれば、親の持っている相続財産の評価額が減り、実効税率を下げることができるというわけです。

投資用23区築浅ワンルームマンションは、相続税評価額を大幅に圧縮することができる。しかも、空室や家賃下落のリスクも低いので安心です!

相続する場合、現金や株式の相続税評価額は100%そのままですが、土地や建物の評価額は現金よりも下がり、特に「投資用ワンルームマンション」の相続税評価額は、他の不動産よりさらに圧縮することができます。

投資用ワンルームマンションを活用して生前贈与を行うと、納税額はグンと圧縮される!

現金と投資用23区築浅ワンルームマンションとの相続税評価額の比較

●和不動産が提案した相続税圧縮例

相続税を圧縮

そして、暦年贈与を使って生前贈与をすることで、納税額を最大限に圧縮することが可能になるのです。「投資用23区築浅ワンルームマンションの活用」で、相続税対策としてさらなる効果が期待できるのです!

上記の23区築浅ワンルームマンションを、親から20歳以上の子へ生前贈与すると…

計算式

投資用23区築浅ワンルームマンションを購入をし、生前贈与をすれば、孫など法定相続人以外の人にも自由に平等に資産を分けられ、納税額を最大限に引き下げることができます。23区築浅ワンルームマンションなら空室や家賃下落のリスクも少なく、長期に安定収益を得られる魅力もあります。

 

間違えてはいけない、不動産投資のポイント

23区築浅ワンルームマンション投資なら運用がしやすく、さらに!子どもが喜ぶ相続が期待できます!

■立地

物件を購入しても、家賃収入の元である入居者が入らなければ、意味がありません。和不動産がご提案する物件は、今から40年後でも人口減の少ない東京23区に絞っており、弊社管理の物件の入居率は年間平均で99%以上です。(2019年度実績)

さらに、ターゲットを単身の社会人に絞ることで、オフィスへの通勤利便性が高い、都心の駅近ワンルームマンションの需要があるというわけです。

町並み

■物件の価格

23区築浅ワンルームマンションの価格は2100万円程度と手頃な上、一度に子どもたちへの平等な贈与も可能です。

高い節税効果を求め、借金をして億単位の1棟収益物件の場合は、抵当権がついた物件は生前贈与できず、立地を誤り、ローン返済中に家賃収入が途絶えれば、相続する子どもには借金だけが残るのでオススメできません。

■物件の構造

電卓とお金

相続のために収益物件を選ぶ際には、物件の構造についても考える必要があります。もし、木造物件を選んだ場合、老朽化が進むと莫大な”修繕費”が必要になります。それを避けるためには、耐用年数が長く、構造が堅牢で修繕費用も低く抑えられる、RC造のワンルームマンションがおすすめです。

さらん、構造だけではなく、1棟か区分かという観点でも大きな違いがあります。1棟物件の場合は、室内だけでなく建物全体…屋根や外壁など、全ての修繕が所有者の負担になります。区分所有なら、管理する範囲は室内のみとなります。外壁やエレベーターなど、共用部分の修繕費は所有者全員で積み立てているので、突然の高額な費用負担が発生したとしても、困ることはありません。

1棟物件での不動産投資で失敗している人に見られるパターンとして、災害などで一度に高額の修繕費やリフォーム費が必要となり、手持ち資金がなかった、というケースもあります。しかし、区分所有ならそういうこともないのです。

将来必ず発生する相続のためにも、「生前贈与×23区築浅ワンルームマンション」を活用して、親も子も満足する相続税対策を検討してみませんか?

”争族”が発生する原因は、親の死後、資産をの舵取りをする人がいないからです。死後、親は解決に関与できません。しかし、生前贈与なら親の舵取りの下で資産継承が行えます。さらに、ワンルームマンションなら、同じような条件の物件買い揃えやすいので、子どもたちに平等に分けられるのも大きなメリットなのです。

さらに、あらかじめ渡しておくことで子どもは悩むことが無く、生きているうちに感謝されるのです。

もっと聞きたいという方は…まずは、個別相談にお申し込みください!

資産状況をお伺いしながら、和不動産が開発したオリジナルコンサルティングシステム「N-RICOS」を使って、あなたの相続税を無料でシミュレーションします!

関連記事

相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る