間違った相続税対策が”争族”と”後悔”を生む!親も子も満足する相続税対策は東京のワンルームマンションで!

損をしないために知っておきたい、相続税対策におけるワンルームマンションの活用法 

 

相続の相談は、誰にすればよいのか難しいものですよね。

相続に関して、このような不安がある人も多いのではないでしょうか?

  • 株や現金で資産を持っているけど
  • 少しでも多く子供に資産を残したい
  • もっと圧縮する方法はないか

↑吹き出し

 

  • 地元の税理士に聞いても…
  • 地元の不動産会社に聞いても…
  • 周囲に相談しても…

持っている土地を担保に入れ、

借金してアパートを建てたらとしか提案されない…

↑吹き出し

 

でも・・・

  • 自分の土地にアパートを建てても満室にならないんじゃないか…
  • 借金してまでやりたくない…
  • 周りのアパートも空室だらけだから心配…

かといって、相続税対策をやらない訳にはいかないし…

↑吹き出し

 

そんなジレンマに悩んでいる人も多いようです。

そんなジレンマをお持ちの方は、

東京のワンルームマンションで相続税対策を検討してみませんか?

相続の処方箋を3つご用意しました。先に確認したい方は、こちらをクリック!

↓ボタンでページ内ジャンプ

間違った人の相続税対策とは
相続税対策なら和不動産である理由とは
テキスト:東京に行く時間もなければ、話を聞くためだけに交通費をかけるのももったいないと考えている方は、自宅のパソコンを活用して、WEBで相談してみませんか?

バナー作成:※WEB面談LPへの導線

相続税対策で東京のワンルームマンションが有利な理由とは

 

 

↑WEB面談LPへの導線

 

 

間違った相続税対策は、残された人を困らせてしまうのです・・・

 

例えば、あなたが子どもの立場だったら・・・

  • いきなり数百万円の請求書が届いたらどうですか?
  • いきなり借金を背負わされたいですか?
  • 毎月、赤字の負担をしたいですか?
  • 兄弟げんかをしたいですか?
  • 突然、休日をなくしたいですか?
  • いきなり税金に追われたいですか?

 

もし、あなたが子ども達の立場だったら、こんな思いはしたくないと思いませんか?

 

間違った相続税対策をしてしまうと

残された子ども達が上記のような嫌な思いをしてしまいます!

 

相続税対策をするなら、子ども達に喜ばれる対策でなければ意味がありません!

物件の選び方を間違うと「なぜ?子どもが嫌な思いをしてしまうのか?」を考えてみましょう!

 

 

 

 

 

※↓囲みを七色(レインボー)に

ボロ物件を相続すると➡修繕のために数百万円の請求書が届くことも

60歳で建てた新築アパートも、30年後に子どもが相続すれば、築30年のアパートに!そうなるとあちこち傷んで、子どもが修繕をしなければならない可能性も

借金を相続すると➡連帯保証になるため借金を子どもも背負います

当然、借りたお金は返済しなければならないので、子どもの負担になることも

赤字物件を相続すると➡子どもが赤字の負担をすることに

数年後に家賃が下がり、「ローンの支払い」や「もろもろの支払い」が家賃収入より大きくなってしまうと、赤字の負担は子どもがしなければなりません…

争いを相続すると➡子ども同士のけんかのタネに

同じアパートを人数分用意するのは困難です。争いは資産を分けられない時に起こりやすいので、あえて分けにくいアパートにすることで、けんかのタネになることもあります…。

 

 

 

 

 

手間を相続すると➡休日にアパートの管理をすることに

築年数の経過したアパートは、修繕や入居者の確保などで、築年が浅い時に比べて管理の手間がかかります。その手間を子どもは急に背負わされるので、仕事をしながら、土日は大家業のダブルワークになることも…

相続税対策をしていないと➡高額な税負担に悩むことに

何もしなければ、子どもは多額の相続税の発生に悩むことになります!

 

 

間違った相続税対策をしてしまうと、このような悩みを子どもが抱えてしまいます!

相続税対策では、ただ相続税を払わなくすることだけでなく、残された子どもが「もらってよかった」と思うものでなければなりません。

 

上記の問題に対応できる相続対策を実施すれば、

子どもが困ることはありません!

それを可能にするのが、東京のワンルームマンションなのです!

 

コンバージョン導線

 

親も子も満足する相続税対策は東京のワンルームマンションで!

 

※↓囲みを七色(レインボー)に

突然、休日をなくしたいですか?

①管理範囲が専有部分に限定されている区分所有マンションを選ぶ

②収益物件を売却し換金できるように流動性の高いエリアの物件にする

これにより、子どもが手間暇をかけなくて済むようになります!

いきなり税金に追われたいですか?

①相続税の圧縮率が高くなる、容積率の高い東京のワンルームマンションを選ぶ

②常に相続税評価額より売価が高い東京のワンルームマンションを選ぶ

これにより、子どもは高額な税負担に悩むことがなくなります!

いきなり借金を背負わされたいですか?

①借金を活用しなくても相続税評価額が圧縮できる物件を相続する

②現金で払えるワンルームマンションを活用する

これにより、子どもは借金を背負わなくて済みます!

毎月、赤字の負担をしたいですか?

①入居者を確保できる、人が集まる立地で収益物件を購入する

②家賃の下落が緩やかな立地で収益物件を購入する

これにより、子どもは入居者を確保でき、費用負担に困らなくなります

兄弟げんかをしたいですか?

①あらかじめ、分けやすい東京のワンルームマンションにしておく

②親が元気なうちに生前贈与を活用する

これにより、子どもは兄弟げんかをしなくて済みます!

いきなり数百万円の請求書が届いたらどうですか?

①建物の管理がしやすく、耐久性が高い建物を選択する

②費用負担の範囲を専有部分に限定する

これにより、子どもに数百万円の請求書が届くことがなくなります!

 

 

このように東京のワンルームマンションであれば、さきほどの悩みは概ね解決できるのです!

 

CV導線)より詳しく確認したい方はWEB面談もしくは個別相談へ!

相続税対策は相続税評価額を下げることが鉄則!

ここも東京のワンルームマンションは優れています

 

 

東京のワンルームマンションを活用すれば、相続税対策の鉄則である相続税評価額を大幅に下げることができます!

 

和不動産では、ワンルームマンションを活用した相続税対策のシミュレーションができます! 

 

和不動産では、ワンルームマンションを活用した相続税対策のシミュレーションができます。ワンルームマンションは現金で購入する場合が多いですが、子どもを連帯保証人として借金を活用することもでき、より柔軟な対策をすることもできます。

自分にとってどのような相続税対策が有利になるのか、いろいろなケースを確認してみませんか?

 

 

時間が無くて弊社まで行けないという方や、遠方にお住いの方は、日本全国どこからでも参加できるWEBでの相談も受け付けています!

本人確認もしっかり対策していますので、個人情報も守られます。詳しくは、コチラのWEB相談のページを確認してお申し込みください!

 

コンバージョン導線(WEB面談)

 

近年の相続税対策のトレンドは、

【生前贈与】×【不動産】です!

 

近年、相続税対策を考えている方が、力を入れているのは生前贈与です!

ご家族へ生前贈与を利用することで、有利に相続税対策を進めようと考える人が増えています。

贈与にもさまざまな制度がありますが、やはり使い勝手の良い「暦年贈与」が一番利用されています。以下の一覧をご確認ください。

暦年贈与で一番贈与されている資産は、もちろん現金です。

ここで注目してほしいのは、土地と家屋の割合です。なんと合計で23%もの人が土地と家屋を贈与しているのです。

つまり、多くの人が【生前贈与】×【不動産】のシナジー(効果)に注目しているのです。もちろん、このシナジーは東京のワンルームマンションにも適用されます。むしろ、相続税評価額が低いワンルームマンションだからできる相続税対策の仕組みと言っても過言ではないでしょう。

 

 

【生前贈与】×【ワンルームマンション】の

シナジーを活用する!

 

【生前贈与】×【ワンルームマンション】のシナジーを活用することで、多少の贈与税は支払いますが、多額の相続税を支払うことに比べると、税金の支払いは少額で済みます。

マンションを贈与する前の年に、現金100万円を子どもに暦年贈与しておけば、子どもがワンルームマンションを贈与された時に、税金等の支払いで困ることもありません。

注意点としてこの方法は、相続税評価額を数百万円に圧縮(減額)できるワンルームマンションだからできること。タワーマンションやアパートでは、こうはなりません。立地も東京だからできることです。地方だと、売却金額より相続税評価額が高くなってしまうマンションもあります。

実売価格と相続税評価額のかい離が大きい東京だからこそできる方法なのです。

 

 

そして、生前贈与を利用するもう1つのメリットは、アパートの収益を親が受け取らないところです。注意として、アパートの収益が親の資産になってしまうと、相続税の対象額は増えてしまいます。それでは意味がありません。親の資産を子どもが受け取って、さらに収益を子どもが受け取ることで、はじめて相続税評価額が減り税額金額が減るのです。これは、東京のワンルームマンション専門の和不動産だからこそできる提案になります。

 

 

コンバージョン導線

 

和不動産だからこそできる安心相続プラン!

 

 

 

 

“節税”“提案”“品質保持”が和不動産のご紹介できるプランになります

↓下の文章にページ内ジャンプボタン

物件の資産価値を長持ちさせる賃貸管理とハウスクリーニング

相続税対策では、購入した物件の価値を長持ちさせる必要もあります。なぜなら、価値の下落が激しい物件では、相続人であるお子様が困ってしまうから。そのため、メンテナンスの体制にも、しっかり気を配って下さい。和不動産の年間平均入居率は、99%超。高い入居率を維持できている理由は、東京のワンルームマンション専門会社だからこそのノウハウと自社でハウスクリーニングを実施しているから。なるべく、他の業者を通さずに自分たちの目でしっかり管理できる範囲のエリアに限定して管理しているからこそ、管理が行き届くのです。

 

自社でハウスクリーニングを実施しているのも、大きな特徴。賃貸管理だけやる会社、ハウスクリーニングだけやる会社はたくさんあっても、両方をやる会社はそんなに多くありません。だからこそ、オーナー様、入居者様とのやり取りがスムーズになります。和不動産は、お客様にある程度、ではなく最大限満足していただける仕組みを整えております。

 

相続税評価額を圧縮できる物件の提供

相続税を圧縮する重要なポイントの1つは、立地です。相続税評価額を圧縮できる物件のポイントは、容積率。容積率が高い立地は、商業地域と準工業地域になります。まず、これが一番大事な条件です。これらの物件は、好立地にあることが多く、入居者の動向にマッチしているからこそ、年間平均入居率99%を超えることが可能になります。しかし、入居者のトレンドも変化にも対応しなければなりません。最近では、仕事とプライベートを分ける入居者が多いため、休日に楽しめる商店街の存在も注目されています。路線価や生前贈与も参考にしながら、入居者を引き付ける立地の選び方のノウハウもご提供できます。

そして、もう一つのポイントが、適正家賃。購入物件の家賃が相場に比べて高い場合、数年後に赤字になることもあります。和不動産がご紹介する物件は、家賃設定にも目を光らせているため、入居者が変わっても、すぐに次の入居者が入居するのです。プロならではの視点で選んだ物件をご紹介させていただきます。

 

相続税評価額を圧縮できる物件の提供
3か月に1度のアフターフォローで相続対策のアドバイスと物件運用をサポート
物件の資産価値を長持ちさせる賃貸管理とハウスクリーニング
3か月に1度のアフターフォローで相続対策のアドバイスと物件運用をサポート

相続税対策は、一時の対策ではいけません。その都度、その都度、状況は変わるわけですから、話し合いを重ねていくスタイルが好ましいはずです。しかし、プライベートバンカーや顧問税理士がついていない人は、話し合いの機会に恵まれていません。そんな時、いつでも話し合えるパートナーは、大きな安心材料ではないでしょうか。私たち和不動産では、所有者様はもちろん、その配偶者様、お子様とも顔合わせをし、ご家族様にも安心していただき、いつでもお気軽に専門家と相談できる環境づくりを整えています。

物件を買ったときだけの相続税対策には、やはり落とし穴があります。それは、収益物件を親御様が所有すると、資産が増え相続税評価額が増えてしまうからです。物件を買った後、適切なタイミングで適切なアクションを起こす。これが、相続税対策では重要です。そこまでの注意点に対する効果的なアドバイスが、和不動産の基本のサービスだと考えています。

 

 

相続税対策のゴールは、関係者全員が満足できること。

和不動産の「親も子も満足できる相続税対策」の提案を

一度受けてみませんか?

 

コンバージョン導線(フォームへ)

 

WEB面談についてもっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!(WEB面談LP

 

個別相談にご参加された方全員に、代表・仲宗根の執筆した書籍を無料プレゼント!

(相続書籍への誘導)

関連記事

相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る