【相続】ワンルームマンション経営とアパート経営の比較③

③現金化のしやすさが最重要「物件の流動性」が高いのは?

現金化のしやすさが最重要「物件の流動性」が高いのは?

ワンルームマンション経営とアパート経営で最も重要なのは、現金化のしやすさです。

私が考えている相続の目的は、「親が持っている資産2億円の相続税評価額を下げ、時間をかけてでも子どもに2億円として残す」ことです。しかし、多くの人が相続税対策に失敗してしまう理由は、相続税評価額を下げるところまでしか考えていないからになります。本来の流れとしては、相続税評価額を下げ、その後、収益を確保しながら物件の売却を行い、相続税対策前の資産と同じもしくはそれ以上の金額を子どもに残すことです。

そのミッションをクリアするには、収益性の確保と同時に、物件の売却を成功させることが必要になります。これに失敗した場合、相続税対策前と同じ資産を子どもに残すことはできません。そのためには、相続人に残す物件の流動性の高さを確保する必要があります。しかし、不動産は、資産運用のなかでも流動性の低いことがデメリットです。

ただ、対策に有利なのも不動産であることは間違いありません。そのため、不動産のなかでも流動性の高い物件をセレクトすることは、相続税対策成功の大きなポイントと言えます。

相続税金額を抑える!流動性が高い不動産を選ぶポイント

流動性が高い不動産を選ぶポイントは、2つあります。それは、「①多くの人が購入しやすい物件」「②多くの人が求めている物件」物件です。そのポイントについて、説明していきます。

①多くの人が購入しやすい物件

最初のポイントである多くの人が買いやすいということに対して、説明していきたいと思います。相続税対策は、最終的に物件の売却や収益を確保することで、相続前と同じ資産額に復元していくことが大切です。物件を売却するということは、次に購入する人がいて初めて売却することが可能です。そのため、流通量が多い種類の物件を選択することが、売却しやすい物件選びの第一のステップになります。その点でいえば、平成28年の新築ワンルームマンションの供給が1万1168戸なのに対し、平成28年の取引事例が年間8万戸超と新築市場に比べ約8倍の流通量を確保できている首都圏の中古ワンルームマンション市場は、売却しやすい不動産取引市場の1つと言えるでしょう。

■今、中古ワンルームマンション経営が選ばれている理由

取引量の多い市場というのは、流動性が高く現金化しやすいという特性があります。現在、首都圏の中古ワンルームマンション経営が選ばれている理由は、大きく2つです。1つは、相続税対策が活発になっていること、もう1つは、国民的社会問題になりつつある老後破産を回避するために、多くのサラリーマンが中古のワンルームマンション経営により入る家賃収入で、老後の対策を開始しているからになります。

平成10年代初頭ではワンルームマンション経営といえば、大企業の課長職以上が行う資産運用として捉えられていましたが、近年では金融機関の融資審査条件が大幅に緩和され、普通のサラリーマンであればほとんどの人がローンを組んでワンルームマンション経営をすることが可能になりました。今の時代、何も対策をしなければ老後破産に陥る確率は大幅にアップするため、現役で働いている今の時点からワンルームマンション経営をして資産運用を行い老後破産に対応できる家賃収入を確保しようという傾向になっています。ワンルームマンション経営のために購入するのが2000万円程度の価格帯のワンルームマンションであればサラリーマンでも返済可能な金額なので、金融機関も融資を出しやすく融資事例も増え取引市場は活発化しているのが現状です。

■なぜ、金融機関が積極的に融資をしてくれるのか?

しかし、ここで1つ疑問が生まれます。それは、なぜワンルームマンションには、金融機関が積極的に融資をしてくれるのかということです。ワンルームマンションに融資を出しやすい理由は、建物の構造が大きく起因しています。

建物の法定耐用年数は、
●軽量鉄骨造:19年(骨格材3m以下の場合)
●木造:22年
●鉄骨造:34年(骨格材4m超の場合)
●鉄筋コンクリート造:47年
以上のようになっています。

木造の物件であれば法定耐用年数が22年であるため、20年経過した木造アパートに長期の融資を出すことはできません。もし、融資を受けるのであれば多額の頭金を要求されるので、一部のお金持ちしか参入できないマーケットと言えるでしょう。

しかし、鉄筋コンクリート造タイプのマンションであれば、築20年前後の場合には35年ローンを組むこともでき、頭金も少額(頭金0円と諸費用50万円前後からスタートできます)であるため、一般のサラリーマンでも個人で始めやすい投資環境が整っているのです。仮に、もしワンルームマンションが古くなったとしても、1戸単位の規模で売買できるため、現金で購入する人も見つけやすいという特徴もあります。都心のワンルームマンションであれば、古くなっても1000万円前後の価値は維持でき、1000万円くらいの価格であれば次に現金購入する人をすぐに見つけることも可能です。

つまり、多くの人が参入しやすいマーケットということは、流通量が活発になるため売却がしやすいということになります。また、融資を受けやすいというのも大きなポイントです。サラリーマンであればほとんどの人が融資を受けられるため、誰もが参入しやすいマーケットと言えます。アパートが一部の資産家や地主のマーケットということを考えれば、誰でも参入できるマーケットである中古ワンルームマンション市場の方が流通量は多くなるのは至極当然のことです。

ワンルームマンション経営のメリットを知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

②多くの人が求めている物件

2つ目の理由は、多くの人が求めている物件であるということです。元来、日本人が好む投資とは、元本保証のようなディフェンシブな投資になります。

和不動産が行った老後に関するアンケートでも、「収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資」の方が「リスクは高いが収益性を第一にした不動産投資」に比べ圧倒的な差をつけて好まれました(上の図参照)。

不動産投資において大きなリスクを3つ挙げるとすれば、「①空室」「②家賃の下落」「③購入後の修繕費用」になります。空室と家賃の下落は、立地に左右されることがほとんどです。先ほど説明したように空室率が急上昇している地方では、家賃を下げることで入居率を上げていく方法以外の選択肢はほぼありません。そうであれば、空室率が低い都心のワンルームマンションの方が、買主から好まれることは明白です。さらに、アパートなどの一棟物件は、共用部分から室内まで自分でメンテナンスが必要でコストがかかるのに対し、区分マンションの場合には共用部分は管理組合で共同管理しているため、毎月の管理費、修繕積立金という固定費を支払うことで突発的な経費負担も防ぐことができます。アパートなどの一棟物件と区分のワンルームマンションは、同じ不動産投資でも運用状況が大きく異なるのが特徴です。もちろん、購入後の追加費用がかからないことを前提にした場合、上記のとおり、都心のワンルームマンションの方が確率は少ないと言えます。そのため、多くの人が不動産投資のためにワンルームマンションを購入するので、年間8万件の流通事例が生まれるのです。

ここまでのまとめ

流動性を上げるためには、多数決で多い方を選択していくことが重要です。融資を受けやすいマーケットかつリスクの少ない物件といったポイントが、流動性を上げるには大切な要素と言えます。そういった視点で、物件選びをすることも大切なのではないでしょうか。

相続特集ページバナー

収益性を維持することも大切

流動性を高めるに当たって、もう1つ大切なことは収益性を維持することです。先ほど伝えたように収益性を得ることは、相続税対策では非常に大切なポイントですが、同様に物件を売却する際にも重要であることは間違いありません。なぜなら、物件を売却する際、どれだけ収益を取れているかが、売却価格を決める決定打になるからです。

大人気!株式会社和不動産運営の不動産投資セミナー

和不動産では、年間150回以上、不動産投資に関するセミナーを開催しております。
初心者でも分かりやすいと、たくさんの方から好評をいただいています!

セミナーでお伝えしている、ワンルームマンション経営についての内容をほんの少しだけご紹介します。

定年後、預金、退職金、年金だけで生活できますか?

定年を迎えた後、預金や退職金、年金だけで過ごしていくつもりの方はどれだけ居るでしょうか?

老後、思っている以上に年金がもらえず、生活が逼迫する可能性があります。それだけでなく、コロナショックのような経済危機がまた訪れるかもしれません。
そこでおすすめしたいのがワンルームマンション経営。
比較的少ない資金で始められるワンルームマンション経営で安定収入を作り、老後や万が一の出来事に安心して備えることができます。

ワンルームマンション経営はエリアが重要!

ワンルームマンション経営では、高い利回りや、高い賃料設定で募集が出せるということも大事かもしれませんが、何よりも「多くの人が求めている物件」であることが重要なのです。「多くの人が求めている物件」というのは、「新しくて最新の設備が整っている物件」ではなく、退去が出ても少しの期間で次の入居者が決まる、「賃貸需要のあるエリアに立つ物件」ということです。

「新しくて最新の設備が整っている」というところにだけ目を向けて失敗してしまうケースは多々ありますので、ワンルームマンション経営をするためには、所有している物件からきちんと利益が出るのかどうかを注意点として物件選びをすることが重要なのです。

セミナーではもっと詳しく解説!

実際のセミナーでは、奥が深いワンルームマンション経営について、もっと詳しく解説しています。

調査して分かった、利便性が良く賃料相場が下がりにくいエリア、災害に強いエリアもお伝えしていますので、このページを読んでワンルームマンション経営に少しでも魅力を感じていただけた方は、ぜひ一度当社セミナーへご参加ください!

ワンルームマンション経営についてもっと詳しく知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

プロに相談!株式会社和不動産の無料個別相談

和不動産では、無料個別相談を実施しています。
「投資用マンションを購入したいが、借入をしたり赤字になるのが怖い」
「ワンルームマンション経営で安定収入が得られる仕組みを知りたい」
「貸している部屋の賃貸管理を依頼したい」
「会社員の自分に合ったプランを提案してほしい」
「自分の年収に不満があるので副業として不動産投資を始めたい」
「自分が結ぶ契約について、難しいからわかりやすく教えてほしい」
等々、お悩みや相談ごとがありましたら、ぜひ個別相談へご参加ください。
収支の状況などを確認させていただきながら、一つ一つ、お悩みを解決します!

和不動産には、独自開発のマンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS」があります。
当社は他の不動産業者のように、ただ物件を販売するだけでなく、そのあとも「N-RICOS」を活用しながらしっかりと、オーナー様のマンション運用をフォローいたします。

「N-RICOS」には、たくさんのオーナー様のマンション運用データが詰まっているため、無料個別相談にご参加いただき、実際に数多くの成功事例を見ていただくことで、不動産投資へのハードルも下がるはずです。
ワンルームマンション経営が本当に良いかどうか、ご自身の目で見て判断してください!

無料個別相談への参加をご希望の方は、下記よりお申込みください。

<所在地>
東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim7・8・9階

<アクセス>
【JR線】
(1)JR線「秋葉原駅」徒歩5分(電気街口)
(2)JR線「神田駅」徒歩6分(北口)

【地下鉄】
(1)東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩2分(6番出口)
(2)都営新宿線「岩本町駅」徒歩4分(A2番出口)
(3)都営新宿線「小川町駅」徒歩4分(A3番出口)
(4)東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」徒歩4分(A3番出口)
(5)東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩4分(A2番出口)
(6)東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」徒歩5分(5番出口)

【その他】
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩6分(A1番出口)

関連記事

相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る