和不動産の相続税対策に対する取り組みの評判・口コミをご紹介

和不動産が考える相続税対策の評判・口コミをご紹介いたします!

残念な相続税対策

2015年に相続税が改正されました。その内容は、基礎控除が4割減るというもの。今回の改正は、戦後日本経済は、高度成長、バブル経済などを経験し右肩上がりだった地価が、バブル崩壊や失われた10年を経験して地価が下がったため、基礎控除が調整されたものでした。

今までは、基礎控除が増えていく相続税改正だったので、あまり話題になりませんでした。しかしこの改正は、基礎控除が減るということで、相続税対策が大きな話題となったのです。

それに伴い、アパートを建築する人が、各地で増えました。その結果は皆さまご存知の通り、過剰に供給されたアパートに対して、入居需要が追いついていないため、空室だらけのアパートがたくさん誕生してしまったのです。

相続税対策は、残された子どものための対策です。残された子どもが喜ばなければ、それは残念な対策と呼ばれてしまいます。これから相続税対策を始める人は、この失敗の教訓を活かし、評判や口コミをよく確認して、失敗しない相続税対策を目指していきたいところです。

相続税対策こそ知らないと損をする

今まで頑張って蓄えてきた資産。それを間違った相続税対策で溶かしてしまうのは、非常にもったいないことです。人生で何度も相続税対策を経験する人は、少ないでしょう。そのため、具体的な方法を知らない人が多すぎるのです。

特に地方にお住まいの方は、「自分の所有している土地にアパートを建てる」「土地の分割をする」といった相続税対策のアドバイスを受けることが多いと思います。それが必ずしも悪いわけではありませんが、報道されている通り間違ったやり方だったと後悔している人がいるのも事実です。つまり、相続税対策こそ、知らないと損をする際たるものと言えるでしょう。

相続税対策の盲点

相続税対策とは、「相続税を下げること」、そう信じてそこばかりに目を向ける人がいらっしゃいます。そこが、相続税対策の盲点です。相続税評価額を下げることは重要ですが、下げることだけを考えすぎて失敗している人も多々見受けられます。

相続税対策は、相続税評価額を下げることだけが目的ではありません。スムーズに受け継ぐことや納税資金の確保、そもそも資産を減らさないことも重要な考え方です。評価を下げることだけに着目し、収益が得られないアパートを所有してしまったり、子どもに喜ばれない対策をしてしまってる方が多い現状があります。

計画的な準備が必要です

相続で重視すべき3つのポイントがあります。それは、

  1. 意思の承継
  2. 遺産の分割
  3. 相続税対策(相続税評価額を下げること)

この3つを相続対策では、同時に達成することが求められているのです。

しかし多くの方が、相続税評価額を下げることだけを対策だと勘違いしてしまうため、残念な相続税対策が実行されています。3つの要素を満遍なくクリアするためには、計画性をもって対応することが重要なことなのです。

あなたの相続税対策はどこが間違っているのか?

あなたの相続税対策は、どこが間違っているのか?それは、従来型の相続対策のアドバイスを引きずってしまっていることです。

人口が右肩上がりに増えている時代では、アパートを建てれば入居者も確保できたでしょうし、土地の使い道は他にもかなりありました。

しかし今は、人口減少社会です。人が減っている時代では、今までの常識が全く通用しないことも多々あります。これから相続対策を始める人は、旧来型の相続対策ではなく、今の時代にあった相続対策を模索するべきなのです。

意味から考える相続対策

まず、相続対策の意味から考えることが、円滑な相続対策を進める秘訣になります。相続税評価額を下げることは確かに重要なことですが、それだけでは足りません。残された子どもに平等に資産分けることも重要ですし、残された子どもが喜ぶ資産を残してあげることも重要です。

結局、相続は残された子どもに対して、親からの最後の贈り物なのです。すなわち、子どもが喜ぶものでなければ、意味がありません。ですから、親が子どもの立場に立って、考えることが重要なのです。完璧にこだわって、評判や口コミを調べ効率のいい相続対策をすることも重要ですが、子どもが求めているのは必ずしも完璧な相続対策ではありません。多少効率が悪くても、手間のかからないものだったり、もらう時期だったりといった要素も相続対策では重要なことなのです。例えば、東京に住んでいる子どもが、地方のアパートもらって喜ぶでしょうか?もちろん喜ぶ場合もあるでしょうが、地方のアパートもらって「手間だなぁ」と思っているお子さんもいらっしゃるかもしれません。今一度、何のために相続対策をするのか、考えてみることが重要でしょう。

争族にならないための魔法

相続の問題は、必ずしも相続税の負担だけではありません。間違った相続対策をすると、家族が争ういわゆる「争族」に発展してしまうこともあります。

ここでは、「争族にならないための魔法」を紹介したいと思います。

まずは、相続とは何かを確認していきましょう。

「相続」とは、「ある人の死をきっかけとしてその人が有していた財産や負債等が特定の親族へと移転する」ことを言います。つまり、相続とは親が亡くなった後、親の財産や権利を子ども同士が分け合うことなのです。

ここに、トラブルの種となる落とし穴が存在するのです。親がいないから、親の財産を分けるときにトラブルが起こります。それを回避するには、生前贈与を選択することが重要です。

贈与は、「当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる」こと。つまり贈与とは、自分が生きているうちに、自分の意志で財産を誰かに受け渡すということです。

相続を選択すれば親が不在。贈与を選択すれば親は健在。どちらがトラブルになりにくいかを考えれば、贈与を選択すれば良い、とご理解いただけるでしょう。つまり、資産を相続に有利な資産に変えるのではなく、贈与に有利な資産に変えることが、トラブルを回避する最善策なのです。

相続対策で泣く人、笑う人

相続対策では、泣く人と笑う人が存在します。私たちが考える笑う相続対策とは、相続税の負担を少なくすることだけでなく、残された親族たちの和が壊れないこと。ここも重要視していく必要があると思います。

逆に、相続対策で泣く人は、相続によって結果的に親族の関係性が悪化する対策をしてしまった人です。結局、相続とはいつどんなタイミングで起こるかわかりません。それであれば、自分でタイミングをコントロールできる贈与を重要視した方が、良いのではないでしょうか。

今までのセオリーは忘れて下さい。

円満な相続対策を実施しようと思うなら、今までの相続対策のセオリーは忘れて下さい。なぜなら、今までのセオリーは、過去にもてはやされたもの。時代が急速に変わっている現代に、必ずしも合うとは限りません。

ちまたに溢れている相続税対策の口コミや評判を信じるのではなく、自分の保有資産にあった独自の方法を模索していくべきなのです。自分の土地に借金をしてアパートを建築することが、セオリーだった時代はとうに終焉しています。これからの時代に合ったやり方を、一緒に考えていきましょう。

ストーリーを描けるのは、「親」だけです

「どんな相続を実施するのか?」そのストーリーを描けるのは、親だけです。親が、子どもに何を遺してあげたいのか、そこから相続対策は始まります。

「どのタイミングでどんなことをするのか?」「相続一本で考えるのか?贈与も選択肢に入れるのか?」子どもはアドバイスができても、財産の所有権は親にあるわけですから、決断は親御さん自身がしなければなりません。

計画的に準備して、是非、子どもに喜んでもらえるストーリーを描いて下さい。

あらかじめ渡しておけば、悩むことはありません!

相続を選択すると一度にすべてのことを決めなければならないので、上手くいかない点も出てきます。そのような心配がある場合には、贈与の活用も選択肢に入れましょう。

ご自身が所有している財産を贈与であらかじめ渡しておけば、相続税の対象資産も減り、相続時に課税される税金が減ったり、お子さんにかける手間も減ります。あらかじめ資産を分けておけば、兄弟が取り分でもめることも少なくなるでしょう。

さあ、今すぐに感謝されましょう!

生前贈与を選択すれば、相続では実現できないことが、実はもう1つあります。それは、子どもの喜ぶ顔が見られることです。相続は、ある人の死をきっかけにスタートするもの。そのため、子どもが財産を手にする時に、親が立ち会うことはできません。

一方、贈与を選択すれば、直接自分で手渡すこともできるため、子どもに感謝され笑顔を見ることもできるのです。格差社会が進んでいる現代は、サラリーマン受難の時代。そんな時に、親御さんから資産を贈与されれば、子どもの生活は大いに助かることでしょう。

数十年後に資産をもらうより、今もらった方が子どもにとっても活用の幅が広がります。親御さんの経済的にそれが可能な場合は、そちらを選択した方が、相続対策としては良いのではないでしょうか。

和不動産のオーナー様でも、ワンルームマンションを生前贈与している事例があります。ローンのない東京のワンルームマンションをもらった子どもは、すぐに家賃収入を得ることができます。

その家賃収入を住宅ローンの返済に充てたり、子どもの教育費に充てたりと活用方法はさまざまですが、もらって喜ばない子どもはいないでしょう。私たちも満足したという口コミを頂いております。

相続対策に同席させて頂きます

このようにたくさんのメリットがある生前贈与。ただし、どのタイミングで何を実行すれば良いのかわからない方も多いと思います。そこは、和不動産にお任せ下さい。

和不動産では、3ヵ月に1度、オーナー様全員に無料で面談を実施しています。その時に、どのタイミングで何をやるかの相談を、ご一緒に考えさせていただきます。不動産を購入した後、自分ですべてに対応しなければならないと不安も募るでしょう。相続の話をしているとそういう口コミをたくさん聞きます。ただし、物件を購入した後も寄り添ってくれる存在がいれば、大いに安心できるはずです。

相続は、人生で何回も経験する出来事ではありません。税理士も相続専門の税理士なければ、経験した事例が少ないので一般的なアドバイスしかできないでしょう。

和不動産では、N-RICOS(エヌリコス)という独自で開発したシステムを活用して、オーナー様のマンション投資の運用をデータベース化しております。もちろん、相続対策の事例も社内で共有しているため、オーナー様が知らない事例もご提案することが可能です。今後も事例が増えてくれば、より精度の高いコンサルティングもできるでしょう。私たちを相続対策に同席させていただければと思います。

相続といえば、収益不動産

相続といえば、収益不動産の活用がスタンダードなやり方です。私たちは、都心のワンルームマンションでオーナー様の相続対策をお手伝いしております。なぜワンルームマンションなのかと言うと、理由は大きく2つ。

1つは、2000万円のワンルームマンションを購入すると、相続税評価額は約5分の1以下になることもあります。この相続税評価額の圧縮率が高いのが、ワンルームマンションを選択する1つの理由です。

そして、相続がある程度落ち着いた頃に、ワンルームマンションを売却したいと思えば、東京23区のワンルームマンションであればサラリーマンが年金対策で購入する事例も沢山あるので、収益不動産の中では、流動性が高いという特徴もあります。結局、最終的な目的は、相続税評価額を下げることであって、収益物件を所有することではありません。そのため、相続で使う収益物件は、売却しやすい物件の方がベターなのです。

もう1つの理由は、生前贈与に活用できるということです。後ほど詳しく説明しますが、近年、不動産を生前贈与する方が増えています。相続税評価額を下げることは、ワンルームマンションよりもタワーマンションの方が効果的ですが、タワーマンションは生前贈与に活用できません。なぜなら、タワーマンションを贈与するとなると、高い贈与税が課せられてしまうからです。

これらの視点から、私たちは東京23区のワンルームマンションを、相続税対策にご提案しています。

正直、効率だけを考えれば他の方法があるかもしれません・・・

正直、効率だけを考えれば、タワーマンションの方が相続税評価額を圧縮できますし、現金を贈与した方が手間はかからないでしょう。しかし、タワーマンションは生前贈与に活用できませんし、現金では移転できる資産が限られてしまいます。どの対策にも、一長一短があり、バランスよく対応するのは実は難しいことなのです。

ワンルームマンションの一番のメリットは、相続対策のさまざまな問題にバランスよく対応できること。ワンルームマンションを相続税対策で活用することによって、メリットが得られる人もいます。そこは、こちらのページで確認していただければと思います。

相続対策は、何度も言いますが、さまざまなポイントをバランスよく対応することが求められています。そのバランスに優れてるのが、23区のワンルームマンションなのです。多くのオーナー様が、相続を見据えてワンルームマンションを所有しております。その評判や口コミは、ホームページや個別相談で確認していただければと思います。

ワンルームマンションを活用すれば、戦略は一変します!

ワンルームマンションを活用すれば、戦略は一変します。数ある相続税対策のデメリットは、柔軟性のないところ。タワーマンションを相続税対策の物件として選べば、贈与は選択できません。お子さんを連帯保証人に据えた上でアパートを建築した場合、お子様に借金を残してアパートを相続するということは既定路線になってしまいます。かと言って、現金や有価証券を選ぶと高い相続税が課せられてしまうというジレンマに悩まされてしまうでしょう。意外と相続は、柔軟な対応が難しいのです。

ところが、ワンルームマンションを選ぶとある程度柔軟な対応ができます。親御さんの資産にゆとりがあれば、贈与することも可能ですし、当面はワンルームマンションから入ってくる家賃収入で不足する年金の足しにしながら相続で対応することもできます。この柔軟な対応ができるところが、ワンルームマンションのメリットと言えるでしょう。

考えなければならない二手のタイミング

相続対策で、難しいことの1つはタイミングです。普通に生きていれば、相続のアドバイスをしてくれる人は皆無でしょう。自ら相談に行かなければ、アドバイスが受けられないのが現状です。私たちは、そこもサポートします。

実際にマンションを贈与する場合、考えなければならない二手のタイミングがあります。それは、「物件を購入するタイミング」と「物件を贈与するタイミング」。購入する方のアドバイスは受けられても、贈与するタイミングでのアドバイスはなかなか難しいものです。購入するタイミングと贈与するタイミングのサポートが受けられてこそ、安心できる対策になるのではないでしょうか?

和不動産が実際にこのような事例をお手伝いした時には、1人では対応できなかったのでありがたいと高い評判をいただきました。

相続対策では、評価を下げることだけではなく、適切なタイミングで適切な行動を取るためのアドバイスを受ける環境も重要なのです。

スムーズな相続税対策に必要なステップは、3つだけ!

スムーズな相続税対策に必要なのは、さらにもう1つのステップが必要になります。物件を購入した後、お子様方が納得するように説明をし、贈与税の支払いと不動産の登記を完了するといった3つのステップです。

お子様方が揉めないようにするためのポイントは、贈与式の開催です。争族が起こってしまうのは、平等かつ公平に資産が分けられていないから。それであれば、親御さんが舵を取って贈与式をすれば、これらの問題は解決できます。贈与式では、どんな資産を誰に渡すのか、関係者全員の前で説明して納得してもらうことが重要です。それができれば、その後の登記や贈与もスムーズに事が進みます。

贈与式は、お子様を喜ばせるためのもの。なぜなら、家賃が入ってくるマンションをもらえて喜ばない子どもはいないからです。スムーズに物事を進めるためには、計画的な運営が必要になります。

和不動産では、家族ぐるみのお付き合いをしているオーナー様も多数いらっしゃいます。懇親会には、奥様やお子様を連れてくるオーナー様も多く、その取り組みが良い評判を得ています。そういった関係性を日頃から構築しているため、贈与式の運営にも必要があれば立ち合いをさせていただきたいと思っております。

わずかな手続きで完了します!

一度にやると手続きが大変な相続ですが、こまめに贈与を活用すれば、相続税対象資産が減るためわずかな手続きで完了します。

相続対策を一度にやると難しいこともたくさんありますが、長期的なプランを準備しておくことで円滑な相続対策ができるのです。

完璧プランより、フィットするプランを!

相続は、人生で一度の出来事ですから、どうしても完璧を求めてしまう気持ちは理解できます。「相続税評価額を一番下げられるもの」「購入する収益物件は利回りの高い物件」など、完璧を求めてしまうと落とし穴があったりするものです。

特に利回りが高い物件を、相続税対策の物件に選んでしまうと、かえって相続税をたくさん払うことになってしまう場合もあります。相続税対策で収益性の高い物件を購入してしまうと、親がより資産を増やしてしまうため、高い税率で課税されることもあるのです。

つまり、一つひとつが完璧であっても、トータルで考えた場合にマイナスになってしまう場合もあります。それよりも、一つひとつは他の対策に劣るかもしれませんが、トータル的に見て円滑に相続できるプランの方を好む方もいらっしゃるでしょう。完璧なプランを構築するよりも、自分にフィットするプランを練った方が最終的に得をするケースもあることを覚えておいて下さい。

不動産×生前贈与

近年、暦年贈与を利用する人が、増えつつあります。贈与には、さまざまな種類がありますが、暦年贈与が一番利用されており2016年の申告額は合計で約1兆4400億円にのぼります。

暦年贈与されている資産で一番多いのは当然現金ですが、土地と家屋の合計が約23%にも上るところに注目して下さい。つまり、アンテナの高い人は、収益物件×相続ではなく、収益物件×生前贈与を利用し始めています。

この贈与に活用している不動産を和不動産では中古のワンルームマンションをお勧めしています。なぜなら、場所にもよりますが、2000万円の中古マンルームマンションは相続税評価額を約17%まで圧縮することができるからです。図のマンションの場合、相続税評価額は360万円。この金額がポイントです。

このマンションを暦年贈与を活用して生前贈与する場合、贈与税は約27万5000円。2回に分ければ、14万円の納税で済みます。

あらかじめ資産を生前贈与しておけば、相続時の資産も減り、課税される税額は大幅減になります。仮に、そのままワンルームマンションを所有していても、現金で2000万円持っているよりも大幅に課税額を圧縮できるでしょう。このように、暦年贈与×ワンルームマンションのシナジーを利用して、相続税対策を実施している人が増えているのです。

この効果に注目して、もう既に暦年贈与×ワンルームマンションのシナジーを利用されている方がいらっしゃいます。贈与されたお子様は多少の贈与税は支払いますが、数十万円の支払いで借金のないワンルームマンションが自分の所有物になったわけですから、お子様からの評判も上々です。このように関係者全員が満足するような、相続対策を目指していきましょう。

円満相続へのご招待

仮にお子様が、3人いたとします。同じアパートを3棟用意することは困難ですし、1棟のアパートを3人で共同所有するのも現実的ではありません。

しかし、ワンルームマンションであれば、似たような物件を購入することもできるので、3人に平等かつ公平に分けることができるのです。その際は、是非 贈与式を開いて下さい。お子様全員が参加して、全員が納得したかたちで資産を贈与すれば、円満相続への道は開けるでしょう。

相続税改正後の新常識

相続税改正後は、いわゆる地主だけではなく、一般のサラリーマンにも相続税が課税される可能性があります。都内の土地持ちの45%が課税対象になるとも言わています。

ご主人が既に亡くなっており、奥様が亡くなった時の二次相続のケースを考えてみましょう。残されたお子様は2人。このお子様2人の控除額は、合計で4200万円。仮に現金3000万円と生命保険2000万円そして自宅を相続するとなると、相続税の課税対象者になります。このようなご家庭は、全国どこにでもいらっしゃるでしょう。つまり、相続税改正により、相続は一部の富裕層の話ではなく、多くの国民が対象となったのです。これが相続税改正後の新常識。

自分には無縁と思わずに、親御様やお子様としっかり話し合い準備することが求められています。

あらかじめ次世代に引き継ぐことがポイントです!

相続税対策では、あらかじめ次世代に資産を引き継ぐことがポイントです。

例えば、親御さんが収益不動産を所有していたとします。その運用が上手くいってしまうと、資産は膨らんでしまうため相続税対象額が膨らんでしまい、結果的に多額の相続税がかかってしまうのです。

そういった場合には、運用する物件と次世代に引き継ぐ物件に分けることが大事です。

相続から贈与にシフトチェンジしましょう

運用していく中で、資産が増えたら贈与を検討する。相続税対策では、これが非常に大切なことです。多くの資産を保有している親御さんは、投資が趣味で資産を増やしたといったケースも多々あります。そういった場合には、自分の趣味の部分は確保しつつ、お子さんが困らないように生前贈与も検討していきましょう。

あなたの相続プランは世界に一つだけです

人は十人十色です。資産も同じように人の数だけ資産背景も異なります。地主でたくさんの土地を保有している人もいれば、ビジネスが上手くいって保有資産がほとんど株の人もいらっしゃるでしょう。

つまり、あなたの相続プランは世界に1つだけのプランです。自分に合ったものをオーダーメイドで作り上げていくことが大事です。

着手から引き渡しまでがプロジェクト

相続プランは、世界に1つだけのものでなければなりません。ただ、一般の方がオーダーメイドでプランを設計することは、非常に難しいところです。

和不動産では、相続税のシミュレーションをして、世界に1つだけのプランづくりをお手伝いしています。ただプランを作るだけなら、良い評判も生まれません。私たちの仕事は、ここにプラスアルファが存在します。

相続対策は、着手から引き渡しまでがプロジェクト。そのプロジェクトに最初から最後まで、寄り添ってくれるパートナーが必要です。和不動産の取り組みは、着手から引き渡しまでをプロジェクトと考えています。だからこそ、オーナー様から良い評判と安心を得ているのです。

相続対策は、プランを設計してくれる存在ではなく、プランの設定から成功までのプロジェクトに寄り添ってくれるパートナー作り・環境作りも重要。そこまでを包括したものが、相続対策だということを理解して下さい。

相続対策を考えているお父様・お母様へ

相続対策を考えているお父様、お母様へ。相続対策は、相続税の税額を下げることだけが対策ではありません。「誰に資産を引き継がせるのか?」「どうやって遺産を分割するのか?」「その資産をもらって子どもが喜ぶのか?」など、性格の違うさまざまなミッションをクリアしなければなりません。

ただ、税金を下げるだけのことなら、対応できる人も多いでしょう。しかし、それだけではないから、手に負えないのです。いろんなところから、さまざまな角度でアドバイスを受けることが必要でしょう。

相続こそ親から子供への最後の贈り物です

相続は、親から子どもへの最後の贈り物です。そのため、親も子どもも満足できる内容でなければなりません。

円満な相続をと考えてる方に1つアドバイスがあります。円満な相続を考えているのであれば、親目線ではなく、子ども目線で考えることが重要です。子どもは、何年後何十年後に資産が増えるよりは、「今」資産が増える方が喜ぶかもしれません。

私たちの事例でも、親御さんからお子様にワンルームマンションを生前贈与したケースがあります。もちろん、お子様からの評判が良かったのは言うまでもありません。このように、子どもが喜ぶという視点に立って、相続対策をするということもあり得るのではないでしょうか。

ゆとりをもった相続税対策を

相続対策は、切羽詰ってから始めるとやれることは限られてしまいます。そのため、ゆとりある相続対策をお勧めしています。

ゆとりある相続対策とは、早く始めることだけがすべてではありません。例えば、親御さんがお子様のために相続対策を考えたとします。親御さんは私たちとは面識がありますが、お子様にはありません。そのため、親御さんが亡くなった後とのことも考え、あらかじめお子様と私たちを引き合わせる場を設けるオーナー様もいらっしゃいます。親御様だけではなく、お子様との信頼関係を築くことができれば、私たちを介して相続対策はスムースに進むことでしょう。そういった心にゆとりを持った相続対策も、存在するのです。

不動産の中でも手軽に始められる方法を!

相続対策の王道は、収益不動産です。そんな収益不動産の中でも、金額の大きい一棟物件ではなく、金額の小さいワンルームマンションだからできる対策もあります。

相続対策におけるワンルームマンションのメリットは、小回りです。生前贈与することもできれば、売却しやすいという流動性もあります。変化の激しい時代だからこそ、変化に対応しやすい収益不動産を選ぶことも必要なことでしょう。臨機応変にプランを変えられることは、これからの相続対策に必要なことなのです。

一目で分かるシミュレーションを試して下さい!

ワンルームマンションが相続税対策にどれだけ有利なのかは、シミュレーションをご確認していただければと思います。

具体的なシミュレーションは、大きく2つ。1つは、現金からワンルームマンションにかたちを変えた場合、相続税評価額がどれだけ圧縮できるのかを提案するシミュレーション。

もう1つは、現金からワンルームマンションにかたちを変えた後、相続税の支払いはどれだけ減るのか、さらにそのワンルームマンションを贈与した時にどれだけ相続税の支払いがどれだけ減るのかを提案できるシミュレーションです。

私たちの和不動産の提案をシミュレーションで確認していただけたらと思います。

答えは個別相談で

相続対策は、非常にデリケートな問題です。個人情報を提示していただかないと詳細なプランは提案できません。そのため、ホームページでお伝えできる情報はここまでです。

今まで読み進めた中で、気になることがある方は、是非個別相談をご利用いただけたらと思います。

アマゾン相続・贈与税ランキング1位になった弊社代表の書籍をプレゼントします

個別相談に参加して頂いた方には、和不動産 代表の書籍をプレゼントいたします。この書籍は、アマゾンの相続・贈与税ランキング1位にもなった書籍です。

オーナー様からの評判や口コミも上々で、この書籍を読んだ後に個別相談に参加して下さった方もたくさんいらっしゃいます。書籍の内容は以下の通り。遠方の方は、直接面談するだけではなく、オンライン上での面談も可能です。まずは、お問い合わせ下さい。

相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

ページ上部へ戻る