過去の記事一覧


「相続税対策・生前贈与は和不動産で | ページ 2」では、今までの相続税に対する常識から変わったことをわかりやすくご紹介しております。
あなたの相続税対策にお役立てください。

  • 【オンライン相談受付中】自宅で相続税対策の疑問を解決!

    和不動産では現在、新型コロナウイルス感染症予防のため、投資用不動産を活用した「相続対策セミナー」の開催を一時中止とさせていただいております。相続対策のご相談につきましては、無料のオンライン個別相談をご利用くださいませ。 …
  • LINE公式アカウント始めました!

    運営会社和不動産ではLINE公式アカウントをはじめました。 お友だち登録をしていただくと、和不動産マンション投資セミナーや無料個別相談のご予約をLINEチャットでしていただけるようになります。 今なら…
  • 円満な相続

    相続税対策は、ワンルームマンションを活用しましょう!

    相続対策で、間違った物件を選ぶと子どもは困ります 相続される子どもたちからすれば、家族同士の”争い”を避けたいのはもちろん、不動産を相続するにもボロ物件、借金、管理の手間などの負の遺産は逆に迷惑です。そうした課題を全部…
  • 特集ページメインビジュアル

    相続税対策【特別企画】

    運営会社和不動産の情報やマンション投資など相続税対策(生前贈与や贈与税)のお役立ちコラムを掲載しています。 興味あるタイトルをクリックしてご覧ください。 和不動産の相続税対策に対する取り組みの評判・口コミをご紹介…
  • 相続税申告書

    相続税が非課税となるのはいくらまで?気になる控除額

    相続税とはいったい何?いくらからかかる? 相続税とは遺産を相続するときに発生する税金で、家族の一人が死亡した時などに、遺産を引き継いだ人にかかる税金です。この税金は必ずしもかかるわけではなく、一定金額までは発生しなかっ…
  • 相続対策

    贈与税の解説|計算方法から、非課税での特例の利用方法

    贈与税とは、個人から財産を譲り受けた際に発生する税金です。預貯金や不動産など多額の財産がある場合には、「いずれ発生する相続税を贈与でなるべく抑えたい」と考えるのではないでしょうか。また、「自分の意志で財産分けをしたい」と…
  • 相続税計算イメージバナー

    不動産の相続税はいくらかかる?計算方法や節税方法を解説

    不動産の相続税は、亡くなった人が所有していた不動産を相続した人に課せられる税金です。不動産による相続は、預貯金などと比較して節税効果が高いといわれています。この記事では不動産の相続税について詳しく説明します。すでに不動産…
  • 家族と税金

    生前贈与で税金を軽減?贈与税の非課税枠・計算方法も解説

    生前贈与とは、生きている間に子供などに財産を引き継ぐことです。相続税の負担を軽減するにあたって、この生前贈与を検討する人も多いのです。生前贈与で節税するためには、事前に知識を身につけ、計画的に活用しなければなりません。 …
  • 相続贈与

    不動産の生前贈与のメリットや活用について解説

    生前贈与とは相続対策の1つとして生前に財産を贈与することです。この記事では、不動産などの生前贈与に関して知りたい人向けに、生前贈与とは何か、相続や死因贈与との違い、受け取り方などを紹介します。生前贈与として不動産を手にし…
  • 相続

    2020年5月23日(土)親も子も満足する相続対策!【オンラインセミナー】

    節税効果が高く、親にとっても、子にとっても納得できる相続とは? ◆自分の亡き後、子供たちに苦労させたくない。◆親からはマイナスになる資産を引継ぎたくない。◆遺すなら何を遺すべきなのか。◆とりあえず都内で不動産を持ってい…
相続税対策特集企画バナー

オンライン面談バナー

相続税対策本

和不動産公式サイトバナー

会社情報・アクセス

マンション経営お役立ちサイト

投資コンサルシステムN-RICOSお役立ちサイト

老後破産対策お役立ちサイト

和不動産 人事ブログバナー
engage

マイベストジョブ

争族を避ける3つのポイント

相続が起きたときにトラブルを回避する重要なポイントは、
1.意思の承継
2.遺産の分割
3.相続税対策(相続税評価額を下げること)
をすることになります。
3つのポイント
都心の築浅中古ワンルームマンションを活用すれば、「1.意思の承継」と「2.遺産の分割」は、ワンルームマンションを相続・贈与することで解決でき、「3.相続税対策」は、生前贈与で相続時の資産を減らしながら相続税評価額を圧縮することで解決できるようになります。資産を分割できるメリットは相続税額を下げることだけでなく、「争族」というトラブルを回避することにも大きな力を発揮できるのです。

ページ上部へ戻る